スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第8回虚空蔵山米かつぎマラソンで遊んできた(1)

こんばんは。

現在、大腿四頭筋がヤバイぐらい筋肉痛のbgです。
ハセツネでもこんな筋肉痛にならなかったのに。珍しく階段の下りがロボット。

さて昨日は各地でレースがありましたね。もちろん自分はメジャーレースには
出ずに長野県松本市の
第8回虚空蔵山米かつぎマラソンで遊んできました。

そもそも知ったきっかけはスポーツエントリーからのメルマガ
『4年ぶりに伝説の米かつぎマラソンが帰ってきました』のコピー!!!
なに?伝説!気になりクリックしてみると。

公式サイトには====================
4年ぶりに伝説の米かつぎマラソンが帰ってきました。
距離も8kmから12kmに伸び、善光寺街道の宿場として
賑わった会田宿(あいだじゅく)をパレードラン。同じく名所の
立峠(たちとうげ)を経由する走りごたえのあるコースです。
紅葉の虚空蔵山で気持ちよい汗を流しませんか。フィニッシュの後は
四賀の名産松茸おにぎりとキノコ汁をたっぷり味わってください!
==========================

松茸食える!ヘ(゜▽、゜*)ノ ジュル♪ うまそー。
12kmだからファンランでいけるかな。ってエントリー。

しかしーーーーーーーーーーーーーー!!
独自ルールが
男子は米5キロ+持参荷物5kgの計10kg、女子は米5kgを
かついで走る山岳競争大会です。(中学生は荷物なし)

10kg負荷!たぶんツライぞ。このレース(笑)

因みに米生産者の方は自分でお米を5kg持ってくることで
参加費が2,000円安くなります。

長野県松本市四賀地区に早朝に到着
20151019kome (9)_R

到着時にはこれから登る虚空蔵山(1,139m)の山頂は雲に隠れています。
20151019kome (7)_R

そして問題は持参の5kgを何にするか。
ザックに入らないといけない。俺の持っている一番の大きなザックは
SALOMONのアジャイル17。

まずは米5kgをもう一つどうかなと思いスーパー行ったけど米5kg
ってカナリでかく。二個も米5kgザックに入らない・・・・

いろいろ思案して最終的に出した結論は
・米5kg(参加賞)
・ハイドレーションに水2kg (但し飲めない)
・普段身に着けているアンクルウエイト2kg
・自宅にある鉄アレイの錘 1kg
合計10kg

準備をして計量。ざっくパンパン。これ以上いれたら
ZIPが壊れる
20151019kome (11)_R
10.9kg 計量通過。少しだけ水を捨てて調節

AM9:00 体育館で開会式
2015019kome (3)_R
まずは距離が1km伸びたと笑いながら発表(笑)
フルマラソンではありえないざっくり感が”トレランあるある”
トレランの1kの「k」は「くらい」という新たな単位だから。

スタート前は雲が晴れて山頂が見えました。
2015019kome (4)_R

AM9:30 号砲

つづく

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
[ 2015/10/19 22:57 ] トレイルレース | TB(0) | CM(6)

ポイントゲット ラリーランinトトロの森2015に参加してきた


こんにちは。たまにはお昼更新でも。

風邪気味で喉が痛い&鼻水が凄いbgです。

さて、昨日ですが「ポイントゲット ラリーランinトトロの森2015」に参加して
きまました。


チームを組んで制限時間内に地図を見ながら指定された場所で指定
されたポーズで写真撮影をするとポイントが貰える地図読み&走力&戦略が
必要なゲームスポーツです。制限時間を超えると失格。
また一定条件でボーナスポイントがつく場所もあります。今回は電車ものって
OKなルール。要はフォトロゲです。


舞台は多摩湖、狭山湖、映画「となりのトトロ」の舞台となったトトロの森がある
狭山丘陵の周辺です。
近くには西武ドーム球場があります。(自分は西武ファンです)
20150329poi1.jpg
小学生の時に4年ほど野球を習っていたんですが、その時にこのエリアには
よく来ていたんですがたぶん20年ぶりに来ました。

指定された場所で受付。競技説明。
20150329poi3.jpg

AM9:30 参加チームに同時に地図がはじめて渡されます。
20150329poi9.jpg
地図には指定された箇所がマークされて指定されたポーズの写真があります。
こんなのみたらフルコンプしたくなります(笑)

それを広げて高得点の場所、コンパスを使って距離を割り出し、その他条件
などをすぐ確認し全体的な方向性だけ決めて各チームスタート。
なのでルートも各チームバラバラ。
20150329poi2.jpg

自転車道をはしったり
20150329poi5.jpg

トレイルに入ったり
20150329poi4.jpg
地図には等高線があるのでどこから入るかにより登りのキツイかキツくないか
がわかるようになっています。

時には景色のいい場所を通ったり
20150329poi6.jpg
※写真の奥の観覧車などは西武園ゆうえんち

ある時計台では指定された時間に撮影や、電車が映り込めば
高得点が貰えたりするので時刻表を確認したりします。

またライバルチームが近くに現れて後ろをついてくるとわざと違う道に行って
惑わせたり、尋ねられたら敢えてはっきり言わない(笑)
20150329poi7.jpg
チームによっては嘘教えてきます。まーこれも一つの牽制としては
ルール上問題ないのでOK

いろいろ回って一番気に入った場所はここ「きくぞう地蔵」です。
20150329poi8.jpg
嬉しい事、悲しいこと、愚痴でもなんでも聞いてくれるお地蔵さん
なんで人には言えない秘密をこっそり話しておきました(笑)

ここではお地蔵さんと同じポーズをして写真撮影

ロード、トレイルをぐるぐる約28kmを制限時間の4時間30分以内で
走ってきました。思った以上に高得点をとることができて入賞して
賞品もゲット。

レースのように追い込むわけでもないですが、ある程度の走力が
ないと高得点は狙えない。ゲーム感覚で楽しめるランイベントでした。



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
[ 2015/03/30 11:55 ] トレイルレース | TB(0) | CM(4)

第5回宇都宮トレイルランを楽しんできた(2)

こんばんは。
ちと仕事がバタバタしていたんですが落ち着きました。

さて前回からの続きです。
第5回宇都宮トレイルランを楽しんできた(1)

テーピングも巻き終わりスタート時間までトイレに行ったりして準備

皆さんの予想を反してミドルには出走せず
丹後ウルトラ、ハセツネと長い距離走ったし楽しむために
ショートにエントリーしていました。ビギナーでもよかったんだけど(笑)

さてコースですが赤川ダム湖の周りを走り坊主山(395m)
古賀志山(582m)をぐるりと廻る8kmです。


スタート5分前に3列目に整列し号砲を待ちます。


AM10:20 号砲
大人1名、高校生1名が颯爽と飛び出す。

少し離れて集団走。1km地点 3:30/km・・・速いんですけど
2km地点で余りにもペースが速いので後方に退避して
第2集団に入りトレイルへエントリー。
トレイルに入っても歩かずラン。周りも走る。
100m登って、100m下る。

一旦舗装路にでて再度トレイルへ
3km~5kmで標高差約400mの登り。急な階段だらけ。
緩いところは走ってキツイところはスピードハイク。
心拍は常にMAX状態。GARMINの高度を見ながら我慢

道を譲ってくれたハイカーさんにお礼を言って気分を紛らわして
5km地点 古賀志山山頂へ。
20141103u9.jpg
※写真は拾い物

ここからはガレ場の坂道びゃぁぁぁん。
ガレているので転けないようにしながらスピードをあげます。
得意な下りで10人抜き。

抜き際に「怖くないんですか?」ときかれて
「怖くないです」とお返事。

ハイカーさんにも元気に「こんにちは」

最初に飛び出した高校生も落ちてきたので拾って。
赤川ダムの周りをダッシュしてゴール。
20141103u2.jpg

昨年の優勝タイムよりも速く入ったのに
総合30位以内/302人、年代別では20位以内でした。
レースのレベルが上がっている・・・Orz

ずーーとダッシュ状態(*´Д`)ハァハァ
あーー苦しかった。

会場近くのサイクルステーションで入浴し
本日のメインレース会場(笑)へ車で移動
20141103u8.jpg

餃子を沢山いただいてきました(^^)
これだけで足りずあと20個追加

規模も800人と多くなくアットホーム感満載で
いつもピリピリしたレースが多かったので気楽に餃子トレイルを
楽しんできました。


おしまい

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
[ 2014/11/06 23:53 ] トレイルレース | TB(0) | CM(6)

第5回宇都宮トレイルランを楽しんできた(1)



こんばんは。

本日は大好物の絶賛筋肉痛です。
丹後ウルトラ、ハセツネ走っても筋肉痛にならなかったのに。

さー昨日は第5回宇都宮トレイルランを楽しんできました。

場所は栃木県宇都宮市で種目は
ミドル 17km/ショート8km/ビギナー4kmの3種類

メイン会場は宇都宮森林公園で日本百低山に選ばれている
古賀志山(582m)周辺を走ります。
20141103u6.jpg

現地にはAM8:00頃に車で到着
荷物預けは無しなので会場近くに陣地を作って荷物を置いて
会場をウロウロ。
SALOMON、HOKA、ALTRAなどのブースで試履させてもらい
いつもではできない?気楽な雰囲気で過ごします。

なんとあの有名なトレラン犬のぴれきちに会えました。
20141103u3.jpg

もちろんゼッケンも付けている(笑)
20141103u4.jpg

昨年も参加していたから会いたかった。
ハセツネの応援にもきていたし。


AM9:00 開会式及び競技説明会
独自ルールで「ツライ」と言ったら失格
レースの途中でボランティアの方が意図的に「ツライ?」と聞いくるので
「ツライ」と解答したらゼッケン取られるらしい(笑)

AM9:20 ミドルスタート


ダム湖の周りを1周してきてメイン会場前を選手が通るので応援

最後尾はぴれきち。無事に完走できるか。

全部の選手を送り出しボランティアのマッサージが空いていたので
受けてテーピングも綺麗に貼ってもらい。
20141103u1.jpg


まったり過ごします。

つづく

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
[ 2014/11/04 23:12 ] トレイルレース | TB(0) | CM(11)

第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(6)


こんばんは。

明日は各地でレース沢山ありますね。参加される方怪我なく楽しんで
きてください。

さてレポの続きです。今回がラストです

◆INDEX
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(1)
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(2)
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(3)
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(4)
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(5)

今回は第3チェックポイント~ゴールまでです。
hasemap.jpg
出典:獣人キャンプより ※クリックすると大きくなります。


第3チェックポイント 御岳山(929m)長尾平を通過して
御岳神社の境内がコースとなっています。
20141010hase34.jpg
真っ暗の神社雰囲気凄い。合掌して先に進みます。トイレ有

門前町を抜けます。左手に自販機がありコーラの誘惑。
20141010hase35.jpg
ここは我慢です。宿もあり熊鈴が鳴らないようにして走る。

一旦下って再度、日の出山への登り返しが始まる。
登るのは標高60mぐらい。トレイルも綺麗に整備されているので
ガンガン走って登れます。

60.5km 日の出山(902m)に到着。
20141010hase36.jpg

標柱を撮影して振り返ると五日市の夜景
20141010hase37.jpg
スマフォで撮影はこれが限界でした。実際はもっと綺麗です。
この街まで降りればゴール。

残り10.5km 下りの金毘羅尾根。タイムを見ると14時間ちょっと
これもしかして頑張れば14時間台入れるのでは?と思って欲が出だした。

瞳に火がついて魂の下り開始。

このレース中で一番集中してぶっ飛んでおりました。
GARMINのLAPを見ると4:30~6:00/kmをウロウロ
若干登り返しもありましたが全部走りました。

途中まで1名背後についてきていた人から話をかけられて
『暗闇の中ものすごくいいリズムで下っているので、背後について
リズム盗ませてもらいました。自分はもうダメだから残り頑張って』
と応援を貰って残り5km、3kmの標識を確認しどんどん
スピードアップ。

舗装路に出て残り1km弱。住宅街に応援の方がいたので
「ありがとう」と声かけたら逆に「しぃぃぃーーー」って怒られ(笑)
夜中の住宅街ですからそうですね。

五日市会館の光が見えて一安心。前後に誰もいないので
両手あげてゴール。
20141010hase40.jpg

15時間ちょっと超えちゃった(>_<)

エリート選手だけかと思ったら椅子に座らせてくれてボランティアの方が
シューズからチップを外してくれる。
その場で完走証と完走Tシャツを受取。
20141010hase38.jpg

ほっと安心して豚汁サービス×コーラのコラボを投入。
20141010hase39.jpg

追加でうどん、カップラーメン、オニギリを食べてお腹を満たして
荷物のある五日市中学体育館で着替えて始発まで仮眠。
岐路へ

初めてハセツネに出走しての感想
・一つの山の標高はそんなに高くないけど累積標高約4,800m
(4,800m登り、4,800m下る)で正直キツイ
・基本は樹林帯がコースで展望もあまりなく景色もほとんど見えない
・スタートして4時間以外は基本は暗闇ナイトステージ
・地元のオイシイものが食べれる素敵なエイドなんてない
 すべて自分で用意して背負っていく。

世界的クライマーの長谷川恒夫さんの業績を讃え、大会の象徴
としているハセツネ。
景色、オイシイより耐える。色々なものでずっしり重くなったザック。
それがハセツネというレースの重みなのかな。

終わって考えると水分、補給食、装備、休憩、走り方など
もっともっと改善できた部分が沢山あり次出ればと思う。
それだけハセツネ出走経験有無でかなりタイムが左右されると思う。

「来年でるの?」と聞かれたら「まだわらかない」
「今後でるの?」と聞かれたら「出る」

もう少しトレーニング積んでしっかり試走して準備していつか
ハセツネでサブ12を狙いたい。

電話、メールなどで応援してくれた皆様
沿道や山中での応援、ボランティアの皆様,主催の皆様
本当にありがとうございました。

おしまい

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
[ 2014/10/25 22:43 ] トレイルレース | TB(0) | CM(8)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。