スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012富士登山競走 馬返し~五合目編②

こんにちは。さて前回の続きを書きます。お暇な方ぜひお付き合いください。

まずは馬返しにエイドがあり初めて寄りました。
気温32度ぐらい。体は灼熱です。

そこでレモンを4等分にされたのを4つだけかじって登ります。
2時間半の山頂コース挑戦権まで残り1時間10分です。

馬返しからほとんど未舗装路となります。
随所に木で作られた階段や、雨水対策の浸透枡が現れます。
浸透枡はコチラを参照してください。
浸透枡がないと登山道が雨などでV字にえぐられてクレパスができてしまいます。

木の階段も歩幅にうまく合わずリズムがいい走りを妨げてきます。

一合目:鈴原社を順調に進みます。
二合目:御室浅間神社も問題なく通過です。
御室浅間橋付近は少し平坦なので駆け抜けます。
ft14
写真を撮れるぐらい余裕があります。

自分にしてはかなりいいペースで登れています。周りの方をどんどん登りでも抜きます。
ft11

このままいくと二合五勺の細尾林道交差点にも順調にいけそうな感じ。

あれ?左の脹脛が攣りだしました。取りえず気にせず進みます。
治ったと思ったら今度は右の脹脛が攣りだしました。
これもまた治るだろうと気にせず登ります。
今度は治りません。あれって思った瞬間右の太腿も攣りだしました。
これは悶絶しました。
一旦止まってストレッチをします。
少し良くなるとまた登り→攣るの繰り返し。
今度は両足が攣りだします。
たまらず他の方に迷惑にならないスペースを見つけて座りこむ。

同じランニングサークルの仲間がちょうど二人後ろからきました。
塩飴やサプリメントを置いていってくれます。

そして自分たちと一緒に走っている救護の方が寄ってきてくれて足を見てくれます。
一瞬でわかるぐらい脹脛が変な形に攣っています。ふだん窪みがない部分が窪んでいます。
少し足を押してもらったりマッサージしてもらい回復。
ft8

なんとか急な階段を上るとそこは12.7km地点細尾林道交差点につきました。標高1700m
これだけ足が攣るとなるとミネラル(カリウム・マグネシウム・ビタミンなど)が不足
しているため思わずバナナを4つ。レモンを4つ。スポーツドリンクをもらいます。
残りはあと2.3kmです。

勾配もきつくなってきます。試走で折り返しをした三合目三軒茶屋に到着します。

そこでゼッケンをつけた人が下りてきます。ゼッケン番号20
見たとこある顔。
トップトレイルランナーで有名な「相馬剛」さんが下山しながら皆に声をかけていきます。

よーく考えたら山頂コースに出場して本来であれば5合目でバスに乗って下山するのを
自分の足で下山されていました。思わず振り返ってトップランナーの下りを
見てしまってテンションUP

だけど走れる部分はなんとか走りますが、すぐに足が攣ります。
もうあとは痛みとの闘いです。
四合目:大黒小屋跡 
四合目五勺:御座石は正直痛みと闘っていて分かりませんでした。
標高2140m。時計を見ると2時間25分 残り5勺を5分・・・

まわりのスタッフからはあと少しの声。
何とか登り五合目富士山曇切不動神社に到着。実はこれ「嘘五合目」です。
ft10

ゴールの五合目はこれからまだ山道での800mぐらい先にあります。
残念・・・この時点で自分のガーミン君は2時間30分を刻んでいます。

無念・・・

悔しいので、このドSコースを楽しむ事にしようと気持ちを切り替えます。
通称「デブ返し」が見えます。写真の方も足攣っていますね。
ft12

一旦登山道からアスファルトの道に出ます。50mぐらいいってまた登山道に入ります。
ゴール直前のに見たことある人が!!!あれ?ランニングサークルの大先輩がいる。
今年はエントリーしていないはず。それも今日平日ですよ。お仕事は?
と狐に抓まれた感じがしました。
わざわざ6人の仲間の応援のために平日仕事休んで応援しにきてくれました。
撮影していただいた写真はコチラ
もう走れてしません。笑

ゴールが見えました。標高2230m
ft13

なんとか足を引きずってゴール。2時間42分!!!

「足攣っている方いませんか?」の声に素直に手を挙げる。
健康科学大の教員や学生たちがヨガマットを引いて選手たちをケアしてくれています。
仰向けに座り込み攣っている部分をケアしてもらいます。ここからは要介護の状態です。
仲間も駆け付けてくれてアミノ酸などを恵んでくれます。
自分でシューズは脱げない。。。シューズも履けない。立ち上がれない・・・本当に情けなく
悔しいさいっぱい。

【追記】健康科学大学のブログにて救護の様子がありました。
まさに5~8枚目の写真は自分を見ているようです。

まさに

YoutubeにUPされていた下記動画の5:49の右側の手前から二人目にチラリと映っている
白のウェア来ているのが自分ですね。笑


まだつづきます。笑

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/07/30 23:34 ] トレイルレース | TB(0) | CM(10)

悔し~

後ちょっとのところで、大変なことになってしまったんですね。
もう少しだったのに(>_<) 怪我の影響もあったんでしょうね。
もちろんリベンジですよね!
とりあえずは、完走おめでとうございます。
私も前回のかすみがうらで、そこらじゅうが攣りまくった
苦い経験があります。ほんと、痛かった。確かに、悶絶した(笑)
[ 2012/07/31 18:00 ] [ 編集 ]

Re: 悔し~

ぷろろ911さん
こんばんは。やはり走り込みの足りなさと準備不足ですね。
とりあえず完走はできてよかったです。完走タオルはもらえました。
あー悶絶経験済みなんですね^^仲間ですね

[ 2012/08/01 00:14 ] [ 編集 ]

残念!

間違いなく完走だと思ってました。残念ですね。
うちの奥さんは、馬返しまでがダメだったと言っておりました。
[ 2012/08/01 00:27 ] [ 編集 ]

Re: 残念!

伊奈いいさん
こんばんは。完走はしましたが、山頂コース出場権は
もらえませんでした。
奥様のタイムみましたがかなり速いですよ。
[ 2012/08/01 00:36 ] [ 編集 ]

やはり富士登山競走はキツいんですね~

今年はエントリーに失敗してしまったんですが
来年は私も走りたいと思ってます
[ 2012/08/01 20:54 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

のべさん
こんばんは。ピークハント系のレースはロードレースと全く別物ですね。
是非来年現地でお会いしましょう。
俺もまた出ます。笑
[ 2012/08/01 22:52 ] [ 編集 ]

伊奈いい

そっか、完走だけど、山頂コースの資格は得られなかったんですね。
失礼しました。来年こそは。
[ 2012/08/01 23:18 ] [ 編集 ]

Re: 伊奈いい

伊奈いいさん
はい。来年一緒にでませんか?
[ 2012/08/01 23:43 ] [ 編集 ]

惜しかったですね〜!
でも、願いは簡単に叶うよりも叶いづらい方が、達成した時に喜びが大きいですから!

馬返しのエイドで32℃って!
逆に気温上がってるし。過酷!

>一瞬でわかるぐらい脹脛が変な形に攣っています。ふだん窪みがない部分が窪んでいます。

めちゃめちゃ、痛そうです。
動画見て、改めてわかりましたが、山のレースは後半に行けば行く程、路面が荒れていくんですね〜。
動画や写真を見てもコースの過酷さが伝わってくるのに、更に気温も高くて、足も攣って、ホント、よく頑張りましたね〜!(拍手)
[ 2012/08/23 04:42 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

COHARUさん
こんばんは。そうですね。今回で学んだこと多いので来年に活かします。
そうなんですよ。ロードとトレイル両方のレースなんですよ。
シューズ選びも困ったりします。笑
[ 2012/08/23 22:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bbggkk.blog.fc2.com/tb.php/83-64937d6b





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。