RUNNETの「RUNマイル」サービスをディスってみる


こんばんは

疲れがちょっととれないbgです。

久しぶりに酸素カプセルでも行ってみるかな。


さて、以前からcoming soonで告知をされていたRUNETの
RUNマイル』サービスの詳細が明らかになってきました


RUNマイルとは(出典:RUNNET)
エントリーやショッピング、大会会場チェックイン、大会レポの
投稿など、ランニングに関わるあらゆるアクションでRUNマイル
が貯まります。
所有しているRUNマイル数に応じて、「RUNNETアシスト」が利用
できるようになり、「RUNPO」をはじめとしたプレゼントが
もらえます。



俗に言われるFSP(フリークエント・ショッパーズ・プログラム)
その企業への貢献が高い優良顧客を、その貢献度に対して優遇し
よりその企業へ貢献ししてもらう施策
CRM戦略の一つ。

コレ関係で代表的なのは航空系マイル
この方のお好きなANAのSFC(スーパーフライヤーズカード)
JALのJMB(ジャルマイレージバンク)も同じです。


ではさっそく詳細をみてみた

■ステージ
RUNmile1.jpg
※クリックで拡大


ブロンズ  :10,000マイル~ RUNNETアシストサービス
シルバー  :30,000マイル~ RUNNETアシストサービス+RUNPO300
ゴールド  :50,000マイル~  RUNNETアシストサービス+RUNPO500
ダイアモンド:100,000マイル~ RUNNETアシストサービス+RUNPO700

RUNPO1=1円


■集計期間:4-3月を1年


■RUNマイルを貯めるには
1)大会エントリー 1,000マイル+エントリー料金10%/回
2)通販購入    1,000マイル+購入料金の10%
3)商品レビュー  商品レビュー投稿1回 1,000マイル
4)大会レポ投稿  投稿1回 1,000マイル+画像添付1回につき 500マイル
5)定期購読    1年間8,000マイ
6)知恵袋で貯める 1回 1,000マイル(仮)
7)チェックインで貯める 1回300マイル~(仮) 詳細は後日

昨年度のエントリーでシミュレーションしてみました。

runmilesimu.png
※クリックで拡大

昨年の実績でいくと”16,646マイル”

ステージはブロンズ

受けられるサービスはRUNアシストサービスのみ

ちょっと便利な機能とは
たくさんあると少し面倒な、エントリー時の「質問」。
血液型や所属、ベストタイムなどをあらかじめ登録しておけば、
エントリーのときに自動的に入力されるようになります



らしい・・・・

おいおい!RUNNETさん少しポイントズレてるって。

そんな程度のアシストは今はヤフーや楽天では会員DB登録時にカラムに
いれてておけば当たり前のサービスだよ。

そんなサービスと大手をふるぅて言うレベルではない。


もし大会レポートを写真付で書いていたら”30,148マイル”
※実際はブログに書くので面等だからかいていません。

RUNアシストサービスとRUNPO300(≒300円)

月1回レースに出ている自分でもこの程度。
まーまー出走は多いと思われます。

そう考えるとこのサービスの恩恵を受ける人はよっぽとじゃない
と厳しいかな。

だからこその優良顧客向サービスなんだろうけど。
ぜひステージ別の会員分布は出してほしいな。興味津々。


やっぱりRUNNETとスポーツエントリーが両方使えたら
スポーツエントリーを使うかな。

ただスポーツエントリーの3回エントリーすると4回目は手数料が100円OFF
のサービスが2016/3末で終了したのは残念

ローソンは心情的に論外なので
やはりヤフー系のSportsnavi DOに期待!


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/04/10 22:00 ] マラソン | TB(0) | CM(2)

私がSportsnavi DOを知ったのは今年に入ってから・・・。
そんなサービス合ったんだと思って入ってみて、先頭に現れた大会が・・・。

武庫川ユリカモメ

そっと、閉じました。
[ 2016/04/10 22:27 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>えーかわさん

そこでユリカモメポチッとしないと(笑
スポナビがんばってもらいたいです
[ 2016/04/13 08:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bbggkk.blog.fc2.com/tb.php/730-19a03e03