『常識破りの川内優輝マラソンメソッド』読了

こんにちは。


今朝寝坊しちゃいました。あせったーー><なんとか。
アポには間に合ったのでよかったですが・・・・

さて、今日は読書の話

『常識破りの川内優輝マラソンメソッド』
SB新書
著:津田誠一

元学習院大学陸上部の監督さんで川内さんを指導された方の著作です。


基本的に効率的に練習すればタイムは縮められるがメイン。
これに関しては非常に賛同します。

昨年の2015年冬シーズンは、2014年冬シーズンよりも練習量
を落としても自己ベストは更新できたから。
その時の記事はこちら


本作品で印象になったのが2点
”がんばらない練習をすること。
例えばインターバルは最後はフォームが崩れるほど追い込むので
はなく、フォームが崩れない程度の負荷でやること。
走り足り無ければ300mダッシュを1本追加

”レースの結果ではなく走行距離を自慢するのは、仕事の結果では
なく残業時間の長さを自慢しているようなもの”
まさに部下に話している事と同じ。

共感できたので早速いろいろ練習に取り入れてまた人柱に
なって見ようかと。

冬のフルマラソンの結果がたのしみです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/12/17 10:35 ] 読書 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bbggkk.blog.fc2.com/tb.php/660-88227a47