スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

湘南国際マラソンにみるマラソン大会エントリー方法の考察

先日ブログでも書きましたが湘南国際マラソンにエントリーできました。
富士登山競走に続き久しぶりの先着エントリー方式でした。

TwitterのTLで「湘南国際」のキーワード検索するとエントリー方式に関して賛否両論ありました。

感覚的に多かったのは。
・最初の画面に戻った
・画面エラーになった
・来年は抽選方式にしろ

が目に付きました。

個人的にはRUNNETの整理番号システムは非常によくできていると思います。
過去仕事で興行チケット販売に関わった事あります。それと比較しても非常に良くできています。

繋がるまで●●秒待ち。XXX人待ちと明確にされるだけまだマシです。
チケット販売の場合、表示すらされません。

さて、脱線しましたがエントリー方式の考察なので先着がいいのか、抽選がいいのかに話を戻します。

それぞれのメリットとデメリットを整理します。

<ユーザー目線>
■抽選方式
★メリット
・期間内にエントリーすればいい。⇒時間的拘束が少ない。
・抽選なので皆にチャンスがある⇒公平性がある。
・手軽にエントリー⇒初心者もエントリーしやすく、当選をきっかけに走り始める人がいる。
 マクロ視点で行けばマラソン人口増における経済の活性化。
 例、東京マラソンを筆頭とした経済活動の活性化


★デメリット
・手軽にエントリー⇒エントリーがし易いが故に、普段から頑張って汗かいてランしている人が
 当選しなく報われない場合がある。

・誰にもチャンスがあるが故、抽選の運次第では、連続当選もあり得る⇒本当に公平なのか?
 自分の回りにも毎年東京マラソンを申し込みしても一度も当たらない人がいます。
 でも、なぜか自分は二年連続当選した。これが公平なのか?


■先着方式
★メリット
・抽選を待たずにその場でエントリーが確定できる⇒時間的ストレスが少ない
・徹夜する意気込みや、色々な方法を用いてエントリーするための努力した人が報われる⇒努力

★デメリット
・初心者にはエントリーの仕組みや方法が難しい⇒それなりにスキルが必要
・画面が進まない。エラーが出た⇒CS低下

<主催者目線>
あまり知られていないと思いますがRUNNETやスポーツエントリーなどはエントリー代理業です。
そのため基本は大会が終わるまでエントリー費用は主催者に払われません。

なんででしょうか?????

例:エントリー費用:10,000円×10,000人= 100,000,000円大会が終わる前にエントリー費用を渡します。

もし主催者が大会を開催せずに逃げたらどうなりますか?

そう皆さんはエントリー代理したRUNNETに返金を迫りますよね。
東京マラソン、湘南国際マラソンなど関係者が社会的に責任があり信頼性があれば前払いは行われます。
そんなメジャーレースは一握りです。

主催者としては早めに参加人数を確定しTシャツやパンフレット等の必要経費を確定させてどんどん
キャッシュフローを良くしたいわけです。
すでに大会前から事務所を借りたり、人件費がかかっています。

抽選で1ヶ月、当選通知、入金で1ヶ月で合計2ヶ月で収入を確定
先着で数日で収入を確定

どちらがいいかという判断もあります。

話がまとまらなくなってきましたので、あくまでも”個人的意見”をいいます。

自分は『抽選のレースがあってもいい」と思っています
ただし『普段頑張って走っている、徹夜しても申し込みたい意志のある人が、走れるレースがあってもいい」
と思います。

皆さん、速く走るため、ダイエットするために努力しますよね。
どうしても出たいなら少しお金を上乗せしてチャリティーも用意されています。お金でモノ言わせれば走れます。

どうしてもそのレースに出たい。そのためにはどうすればいいのか?を考えたらおのずと答えは出てくると思います。


異論反論もあると思います。ですが正解はありません。
だから折衷案の「抽選」「先着」の組み合わせを支持します。

ちなみに自分が湘南国際マラソンのエントリーするには、どうしたかだけ書いておきます。
・事前にエントリーしたいランニング仲間を5人募っていました。
・RUNNETはお友達エントリーができます。(一人の人が事前に仲間の情報を登録しておけば代理エントリー可能)
・前日からエントリーの作戦を事前シミュレーションをして、連絡体制も組んでいました。
 一人でパソコンとスマフォの2台でアクセスするよりも、仲間5人×パソコン、スマフォで10台で対応。
 チャンスは5倍
・エントリー時間になり皆さんと同時にアクセス。仲間と連絡を取りながら1番待ちの少ない人を優先にしてエントリー
 失敗のリスクもあるので、2番目、3番目に待ちの少ない人は待機。

もちろんその他のテクニックはありますが別にズルしたわけでもありません。
知り得ている情報と、どうすればエントリーできる可能性があるのかを事前に考えた結果です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/29 22:45 ] マラソン | TB(0) | CM(6)

う~ん。やっぱり人気の大会にエントリーするのは大変なんですね。
私は今までそういうのを避けてエントリーしてたんですけどフルで近場だと人気のしかないですもんね。
抽選のを申し込むと外れたときの日程が難しいし…。
いろいろと参考になりました。
[ 2012/05/30 21:52 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アレキさん
そうですね。神奈川、埼玉、東京、千葉、茨城のフルはエントリーが激戦ですね。
なぜか群馬と栃木は人気ないですが・・・
個人的には2013年は制限時間4時間の大田原出ようと思っています。
[ 2012/05/31 12:42 ] [ 編集 ]

どっちもどっち

確かに、両方あった方がそれぞれ特色も違って、私も良いと思います。
連携できるエントリー仲間がいてうらやましいですd(^_^o)
富士登山競争出るんですね。すごい‼山頂までですか?
[ 2012/06/01 08:03 ] [ 編集 ]

Re: どっちもどっち

>ぷろろ911さん

ですよね。全部メジャーレースが抽選になったらスケジュール組にも苦労しますよね。
はい。会社でランニング仲間がかなりいます。あとランニングサークルの仲間もいますので
なんとかなりそうです。
富士登山競走は今年初めてなので五合目コースです。2時間20分以内でゴールして翌年の山頂コースの
権利を得たいと思います。

[ 2012/06/01 17:58 ] [ 編集 ]

富士登山気を付けてください

どんどん山の方にも行ってるんですね。
何となくその気持ち分かります。
が、富士までは脚が出なかった...
3月に伊勢原大山登山マラソンに
初めて出ましたが、9km高さ650mで
ヘロヘロでしたので(笑)
[ 2012/06/06 13:53 ] [ 編集 ]

Re: 富士登山気を付けてください

ぷろろ911さん

いやー富士さんは勢いです。youtbeのゴールシーンが「アツイ」感じがして
それだけで決めました。今は不安でいっぱいですので7/1の山開きの後に試走行ってきます。
伊勢原大山登山マラソンはじめてききました。来年のレースとしてターゲットします。
情報ありがとうございます。
[ 2012/06/06 19:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bbggkk.blog.fc2.com/tb.php/52-806d4a57





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。