いがまんじゅう

埼玉はあまり名物はありませんがB級グルメは沢山あります。

埼玉県北東部(川里、加須、羽生)で有名なのは「いがまんじゅう」

自分の実家はさいたま市の隣なので、25歳ぐらいになるまで「いがまんじゅう」の
存在を自分も知りませんでした。

当時妄想したのは「いが」だから「イガイガ」で尖っているのか?など

思っていました。


結論は↓↓↓
iga


「イガイガ」してないじゃん。笑 
「ボコボコ」はしているけど・・・


赤飯のおにぎりじゃん。と思いました。


実はそれも違います。

これ饅頭なんです。
お饅頭を赤飯でくるんでいます。


断面図の写真を撮り忘れたんですが、
一番真ん中の層に「アンコ」
真ん中の層に「まんじゅうの皮」
一番外側の層に「赤飯」


誰が考えたんだこのコラボ。最初に作った人の顔見たい。


で、味は・・・・・・・・・


普通に美味いです。ビックリしました。

赤飯の少しパサパサ感と、あんこのハーモニーです。

たぶん饅頭を白米で包んでもこの味はでないと思います。

■由来は
埼玉県北東部の穀倉地帯に古くから伝わる「いがまんじゅう」。
夏祭りや祝い事の際に作られてきた縁起物で、現在でも郷土の味として親しまれている。
もち米が高価なため、ボリューム感を出そうと赤飯の中にまんじゅうを入れたのがはじまりとも
赤飯とまんじゅうをいっぺんに作って手間を省くという農家のお嫁さんの知恵から生まれたとも言われている。
 「いがまんじゅう」の名は、赤飯で包まれた形が、栗のイガに似ているところ
から名付けられたのだとか



埼玉県北部に来ることありましたら是非食べてみてください。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/04/09 22:53 ] その他 | TB(1) | CM(4)

おいしそう!
おはぎは、もち米をあんこで包んだものだし、
赤飯は、もち米だから「なるほど!おはぎの逆バージョンか!」と思ったら、あんこは既におまんじゅうの皮で包まれてたんですね。大胆だわ〜。(笑)
面白いなぁ。でも、おいしそう。
お赤飯にしっかり塩が振ってあって欲しいな。
[ 2012/04/09 23:10 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます

>COHARUさん

そうなんですよ。すでにお饅頭なんですよね。何故わざわざさらに赤飯で包んだかが
なぞですね。ぜひ埼玉にきたら探してみてください。
残念ながら赤飯には塩振ってないです。
次回は「塩あんびん」をレポートしますね。

[ 2012/04/10 22:06 ] [ 編集 ]

これ県民ショーでみたことあります(笑)その時から食べてみたいと思ってました。残念ながら埼玉に行く機会は、ほとんどないので、東京でも、売ってくれればと思ってます。さがせば、あるかもですね。検索してみるか!
[ 2012/04/11 00:18 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>az10banさん

おお!県民ショーなんてメジャー番組で埼玉特集なんてやったんですね。
毎年12月の加須こいのぼりマラソン、3月の羽生さわやかマラソンなど是非いらしてください。
ハーフの大会ですがけっこー参加者も多くていい感じですよ
きっと「いがまんじゅう」売っています。


[ 2012/04/11 22:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bbggkk.blog.fc2.com/tb.php/33-e6d28a3f


まとめteみた.【いがまんじゅう】

埼玉はあまり名物はありませんがB級グルメは沢山あります。埼玉県北東部(川里、加須、羽生)で有名なのは「いがまんじゅう」自分の実家はさいたま市の隣なので、25歳ぐらいになるまで
[2012/04/09 23:10] URL まとめwoネタ速suru