スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『駅伝がマラソンをダメにした』読了

こんばんは。ちょっと仕事がばたばたして今週はあまり
走れていないbgです。

たまには読んだ書籍の話でもします。

『駅伝がマラソンをダメにした』光文社新書
著者:生島淳 


先日図書館で棚にあったのでタイトルのインパクトだけで借りました。

箱根駅伝を中心とした学生の長距離について著者の考えが書かれています。

読んで確かにとおもったこと

箱根駅伝に出場している伝統校のランシャツには大学の頭文字
例:早稲田は「W」、明治は「M」、中央は「C」、法政は「H」

に対して

新興校は漢字で大学のロゴが入っている。
例:山梨学院大、帝京大、関東学院大

後者の大学は、箱根駅伝時のユニフォームは正月の強力な番組で映る
宣伝媒体と考えているから漢字なんですよね。
知らない人が「M」「W」とかロゴが写ってもどこの大学?ってなりますよね。

また著者は現在の大学長距離のゴールは「箱根駅伝にでること」であり
日本が世界に通用していた瀬古さんの時代は大学生が福岡国際をメインにして
箱根駅伝はサブだった。だから当時は男子マラソンが世界に通用していた。
とも述べています。

これに関して個人的はそうじゃなくて元々素質のあるアフリカ勢の台頭が
あったため相対的に日本の男子マラソンが下に落ちただけだと思っています。


また「マラソン女子は世界と戦えていたのはどうしてか」なども書かれています。

思った以上に知らないことが吸収出来る書籍でした。

1つだけ印象に残ったフレーズ 駅伝の低年齢化に対しての警笛として
『長距離種目というのはある程度の年齢にいかないと、競技の面白味がわからない。
どんな練習をつんでいけばいいのか。本番ではどれぐらいのペースで走るのか。
考える力がないと楽しめない。
小・中学生にとっては、長い距離を走らされるだけで、競技の面白さがわからない
うちに長距離が嫌いになってしまう危険性があります。」


これはかなり納得しました。小さいころは走るの嫌い。長距離は罰ゲーム。
高校時代のマラソン大会(ハーフ)は、ほぼ最初から最後まで面白くないから
歩いていました。
もちろんマラソンのテレビ番組見ても「何で人が走っているのが面白い?」なんて
思っていました。

そんな人が今や週5日程度走っているんだから歳とりましたね。(笑)


お暇な時に読んでみてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/02/28 00:59 ] 読書 | TB(0) | CM(19)

あ、これ読みました~。
読後の感想もほぼbgさんと同じ感じです。

駅伝重視がマラソンを弱くしてる、っていう点については、
一理あるのかなぁとも思いましたけどね~。

でもどちらも見ていて心を熱くさせてくれる、素敵な競技ですね!
[ 2013/02/28 01:09 ] [ 編集 ]

この本、立ち読みしました(笑)
駅伝重視がマラソンを弱くしてるという内容ですけど、逆にEKIDENが世界で流行りつつあるらしいから、オリンピック種目に加わったら面白いですよね。
レスリングがオリンピック種目でなくなる可能性があるご時世、何があるかわかりません。
オリンピックでなくても、EKIDENワールドカップがあったら面白そう。

私は走ることも、体育の授業も苦手な子供でした。
学校のマラソン大会の日は朝から映画館にいました(笑)
最近報道されている運動部の体罰を知ると、学校で運動をしようと思わなくて良かったなぁとさえ思えてきます。
高校卒業以降はスノーボードやスケートもするし、自主的にジムやプールに通ったりダンスを習ったり、今ではマラソンも。
それで気付いたのですが、私は運動が嫌いなんじゃなくて、体育の授業が嫌いだったんだなぁと思いました。
ほろ酔いで書いたら長くなりました。ごめんなさい。
[ 2013/02/28 03:06 ] [ 編集 ]

納得

私も歳をとったなと。
同じく3年前までは長距離、大っ嫌いでした。
でも、走る時、あんまり考えてませんが…
身体動かして、頭が空っぽになる感じが好きです。
[ 2013/02/28 20:00 ] [ 編集 ]

確かに

確かに小中学生の持久走はやらされ感がありますね。
自分と勝負する競技なのに周りとの比較なってしまっているのも、長距離が嫌いになってしまう要因なのかな。。
大学長距離のゴールは「箱根駅伝」。。確かにその通りだ。。
[ 2013/02/28 22:00 ] [ 編集 ]

同じく長距離走、大っ嫌いでした。
以前は自分との勝負なんてまったく考えられませんでしたね。
周りとの比較だけでした。
[ 2013/03/01 00:33 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ちゃらら さん

読まれたんですね。タイトルはインパクトありますが思った以上に面白いですよね。

また各校の分析なども面白かったです
[ 2013/03/01 10:09 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

COHARU さん

ほろ酔い中コメントありがとうございます。
確かに駅伝W杯あったら面白いですね。盛り上がりそう。

マラソン大会の火は映画館に?悪い子だったんですね(笑)
体育のやらされ感はやはりよくないんですね。やりたいスポーツを好きな時にが
一番ですね
[ 2013/03/01 10:11 ] [ 編集 ]

Re: 納得

ぷろろ さん

自分も数年前までこんなに自分が走るなんておもっていませんでした。
そうそうなんかモヤモヤしたの走ると取れますよね。
たまにアイデアが浮かんだりもします
[ 2013/03/01 10:12 ] [ 編集 ]

Re: 確かに

ジュンボー さん
学生はどうしても競走しちゃいますよね。
今ならレースでて自分の目標に対してどうか?しか考えていないですもんね。
順位あまりきにしていない自分がいます
[ 2013/03/01 10:14 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

井出浩一 さん
自分との勝負ってなんかいい言葉ですよね。
学生は受験含めて周りとの比較ですから、おのずと体育も競走になっちゃいますよね。
勝利至上主義からの脱却って難しいですよね。

自分は今でも負けず嫌いだったりします。
[ 2013/03/01 10:16 ] [ 編集 ]

やはりあったのですね^^

おはようございます。
多くの方と同様、私の思いも同じで、駅伝の存在って日本では大きいのですね^^
これも日テレの努力の賜物かもしれませんねw
それにしてもこの話題を本にしたものがあることにプチ感動です。
私でも読みたくなりますからね^^
[ 2013/03/02 04:35 ] [ 編集 ]

最後の
>長距離種目というのはある程度の年齢にいかないと・・・
は、ほんとに納得ですね。
よく似た言葉で「マラソンは経験のスポーツ」っていうのも私のなかでは好きです。
[ 2013/03/02 08:46 ] [ 編集 ]

Re: やはりあったのですね^^

薄荷脳70 さん
おっしゃるとおり日本テレビが放送してから箱根駅伝は
正月のメガコンテンツになりましたよね。
そういう事もこの書籍には書いてありました
ぜひ一度お読みください
[ 2013/03/02 21:17 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

kinさん
「マラソンは経験のスポーツ」確かにそうですね。
センスも必要ですが99%は普段の練習の積み重ねですね。
[ 2013/03/02 21:18 ] [ 編集 ]

はじめまして

bgさん、はじめまして。
少し前から、ブログを拝見させて頂いておりました。ランニングに関して、様々な観点からトピックを選んでいてとても面白く、楽しく読ませて頂いてます!

「駅伝がマラソンをダメにした」私は6年前に読みました。
当時は大学駅伝が最高に盛り上がっている時(四天王やダブル佐藤、竹沢選手や元祖山の神が大活躍している頃)で、駅伝オタクだった私は2,3回繰り返し読んだ記憶があります。
成長期の大学時代に「箱根のために!」っという心構えで変に20kmの距離に合わせたトレーニングしてしまうから、5000mや10000mのスピードが磨けずに将来的にマラソンで勝てない、っという主張がされていましたね。箱根駅伝の距離が長すぎることが指摘されてましたね。
確かにスピード化が進む現在のマラソン界で勝つためのスピードの強化を、箱根駅伝が奪ってしまっている現状は否めません。実際に夏のインカレには、有力選手が三大駅伝の調整のために出場しなかったりしていますし。
私個人の意見としては、駅伝の方が走る側も見ている側も面白いと思いますし、私自信が駅伝のために長距離を続けていたようなものだったので… 駅伝が批判されがちなのは良い気分はしませんでした。

私としては、箱根の経験で得た財産(精神力や志)が、スピード強化を省いたハンディキャップを上回るアドバンテージに繋がるのでは?っと思いました。
同年代の力のある選手として、大学に進んだ大迫傑選手(早稲田)と宮脇千博選手(トヨタ自動車)のこれからの活躍からも、少しはこの話題に決着をつけてくれるかもしれませんね(笑)
[ 2013/03/03 22:53 ] [ 編集 ]

Re: はじめまして

るろうにランナー さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
いつもふざけたブログですが今後ともよろしくお願いします。
本気で陸上競技されていた方のご意見非常に参考になります。
自分で走ってみてフルとハーフだと練習の仕方全然ちがいますよね。
たぶん大学駅伝をされている方自信ももっと違いに苦しむのかと思います。
箱根の精神力はマラソンだけでなく人生の事において財産ですよね。
同僚に箱根ランナーがいるのですがすごく我慢強く粘りあります。
大迫選手とかと同年代なんですね。若いからこれからもタイム凄くのびそうですね
[ 2013/03/04 09:48 ] [ 編集 ]

ごめんなさい、誤解させてしまいました。

bgさん:
お返事ありがとうございました。また、私のブログの方にもお越しいただいてありがとうございます。
上のコメントにおいて、私の日本語がおかしかったせいで、変な誤解をさせてしまいました。

「箱根に縛られた大学で陸上をする大迫選手」と、「反対に実業団で陸上をしている宮脇選手」の2人が同年代であって、私は彼らよりも年上でございます(汗)
良く読むと私の日本語がおかしかったです。社会人として情けないです、ごめんなさい。

本当に細かくてどうでもよいことでしたが、今後も中良くして頂きたいので、弁解させて頂きました。
同じトピックに何度も書き込んでしまってすみませんですm(_ _)m
失礼します。
[ 2013/03/04 21:20 ] [ 編集 ]

ごめんなさい、誤解させてしまいました

bgさん:
お返事ありがとうございました。また、私のブログの方にもお越しいただいてありがとうございます。
上のコメントにおいて、私の日本語がおかしかったせいで、変な誤解をさせてしまいました。

「箱根に縛られた大学で陸上をする大迫選手」と、「反対に実業団で陸上をしている宮脇選手」の2人が同年代であって、私は彼らよりも年上でございます(汗)
良く読むと私の日本語がおかしかったです。社会人として情けないです、ごめんなさい。

本当に細かくてどうでもよいことでしたが、今後も中良くして頂きたいので、弁解させて頂きました。
同じトピックに何度も書き込んでしまってすみませんですm(_ _)m
失礼します。
[ 2013/03/04 21:21 ] [ 編集 ]

Re: ごめんなさい、誤解させてしまいました

るろうにランナー さん
ご丁寧にありがとうございます。
理解できました。こちらも行間読めず失礼しました。
これからもよろしくお願いします

そういえば飛天御剣流”九頭龍閃”ぜひ教えて下さい。
分かる人にしかわからないネタすいません
[ 2013/03/04 22:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bbggkk.blog.fc2.com/tb.php/172-3ae610ae





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。