『トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか』を読了

こんばんは。雪で走れず昨日ぐらいから残雪も少なくなったので走れる
かな?と思ったら、今度は仕事の波に溺れていました。
今日はやること沢山あるんですがストレスのイライラが凄いので仕事放棄して
帰宅してランして来ました。
残雪もまだあり一部はアイスバーンなっていて走っていて怖いですね。

さて、以前も書いたことありますが実は読書けっこーします。
新刊以外は基本は図書館で借りています。
先日どなたかのブログに拝見した時に
『トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか』山と渓谷社
 著者:羽根田 治/飯田 肇/金田 正樹/山本 正嘉
を紹介されていたので早速借りて読んでみました。


2009/7/16に起きた「トムラウシ山遭難事故(北海道)」を生存者のインタビュー
証言を含めて遭難、気象、医学、運動生理学の視点書かれています。

気象、医学、運動生理学の部分は専門的な表現もあり難しいですが
遭難・インタビュー証言については読みいってしまいました。

実はこの遭難事故にはマスコミでは報道されていませんが、同じ時間に同じ
ルートを登山していたパーティがいました。
その方々の証言も書かれています。
でもそのパーティーは遭難しなかった。それは何故なのかも多面的に分析されています。

また医学パートでは特に「低体温症」について非常に詳しく書かれており
少し低体温症については理解度が上がりました。

なぜ寒いと震えるのか⇒震えて熱を発生させるためetc

2005日本山岳耐久レース(ハセツネカップ)での低体温症の事例も少し書かれています。

山は常にセルフレスキューが基本です。
トレランされる方、登山される方にはぜひ一読して欲しいと思いました。

一番印象に残った文章だけピックアップします
「今登らなければ登れなくなると、百名山にむかうよりも、もっと自然と対話
しながら、ゆったりと自然に身をゆだねる心が、山登りの原点である、と考えて
みてはいかがだろうか」
出典:『トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか』山と渓谷社

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/01/18 00:18 ] 読書 | TB(0) | CM(14)

三升さん改めnumaさん、今はトレランカテにいらっしゃる方のブログにこの本が載ってましたね。bgさんがご覧になったのも同じですかね?

僕も山には大変興味があるんですが、冬の間はもちろん自重するつもりです。過ごしやすい時期であっても危険と隣り合わせだということをしっかり自覚して、山を楽しめるようになりたいなーと思います!
[ 2013/01/18 00:23 ] [ 編集 ]

読書は苦手だけど、読んでみます。
図書館行くのひさしぶりだな~
[ 2013/01/18 10:07 ] [ 編集 ]

自然と対話

良い言葉ですね。
自然には勝てないですよね。
山に入る際は肝に命じて行きたいと思います。
[ 2013/01/18 18:12 ] [ 編集 ]

昨年あたりから山に興味を持ち出して、
未だテントも持っておりませんが、
いずれ雪山も経験したいと思っています。
が、たぶん、雪山登山は危ないと、
嫁さんが許してくれなさそうですので、
一生縁はなさそうです。

でもご紹介いただいた本、
読んでみたくなりました。
[ 2013/01/18 23:14 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ちゃらら さん
三升さんでしたか。どなたかが書かれていましたよね。

ここで忘れちゃいけないのが、この遭難事故が7月に起きたことなんですよ。
夏でも山は気をつけましょう
[ 2013/01/18 23:49 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

のべさん
実は一番読んでほしいなと思っていました。
図書館いいですよ。俺マラソン系のもの全部よみましたw
[ 2013/01/18 23:50 ] [ 編集 ]

Re: 自然と対話

ぷろろさん
いいフレーズですよね。勇気ある撤退。これも大事ですね。
自然の中では人間はちっぽけですから、かないませんね
[ 2013/01/18 23:51 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

井出浩一 さん
自分もトレランやるようになってから山に凄く興味もちはじめました。
すごい。雪山に挑戦されるんですね。
たしかに家族の李恢がないと雪山はなかなか登れないですよね。
ぜひご一読ください
[ 2013/01/18 23:54 ] [ 編集 ]

よさそうな本ですね

まさか職場から家まで帰宅ラン??
同じ時間に同じルートを登山していたパーティの証言には興味があります。
この手の本は好きなので、読んでみたいと思います。
[ 2013/01/19 02:03 ] [ 編集 ]

Re: よさそうな本ですね

ジュンボー さん
さすがに職場からはないですが途中下車して
やったりします。30kmとか
そうそう同じ時間に他のパーティーがいたのはニュースでは報道されていませんでしたからね
凄く自分も興味でました
[ 2013/01/19 19:45 ] [ 編集 ]

最後の言葉、ずっしりきました。
日本人はなんか頑張りすぎるというか真面目というか・・・
自分もそうですけど「ゆったり対話」することが欠けているように思えるので・・・

トレランも「練習!」とか思っちゃうと
「ゆったり」どころじゃないですからね。
たまに本来の楽しみ方から逸脱してるんじゃないか、と思います。
[ 2013/01/21 19:54 ] [ 編集 ]

「もっと自然と対話しながら、ゆったりと自然に身をゆだねる心」
美しいですね!!!!
山だけでなく、いろんな局面で思い返すと良さそうな言葉ですね。

ここ最近、読書量が減ってきて、文章を読むのがとても遅くなってしまいました。
そこで、元旦にたてた今年の抱負は「10日に1冊読破する」です。
中学生の夏休みの宿題みたいですよね。(笑)
本のジャンルは何でも良い事にしています。今日は21日なので、既に2冊読みました。
本は興味があるので、また紹介してください。
[ 2013/01/22 00:24 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

umeko さん
そうなんですよね。試走に行ってもガンガン走って写真撮ったりとか
忘れたりしちゃいます。
今はできるだけタイムは気にせずブログのために?写真をとったり
立ち止まりますようにしています。
この時期とまると寒い・・・

[ 2013/01/22 23:44 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

COHARU さん
自分も久しぶりにいい言葉きいたなと思って今回書きました。
なかなか「いい言葉」に最近出会えていなかったのですごくインパクトありました

年間36冊が目標ですか?自分は去年50冊目標でした。達成したけどその反動で
今年は目標やめました。
はい。本もちょくちょく書こうと思います
[ 2013/01/22 23:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bbggkk.blog.fc2.com/tb.php/152-5453bb9b