大山登山マラソン試走と大山トレイルラン

こんばんは。昨日から早めに休みをいただいています。
長い休みで社会復帰できるか心配です。
昨日のお話です。

以前ご報告しましたが大山登山マラソンにエントリーしています。

【大山登山マラソンのおさらい】
大山は、、神奈川県伊勢原市・秦野市・厚木市境にある標高1,252 mの山です。
丹沢山などの丹沢の山々とともに丹沢大山国定公園に属し、神奈川県有数の観光地。
日本三百名山や関東百名山の一つです。
小田急線伊勢原駅前から大山の中腹にある阿夫利神社下社(標高約696m)まで
走って登るレースです。コースは登りばかりで、下りはありません。距離約9km
【おさらいおわり】

会社の同僚が数名エントリーしているので冬休みを利用して試走に行って来ました。

9:00 小田急線伊勢原駅に集合 コインロッカーは改札内。
9:30 準備体操をしてスタート地点へ
北口を出たターミナルがスタート地点。たぶん日本で一番駅前からスタートするレース
なんじゃないかと思うぐらい駅前からのスタートです。
oyama1.jpg

大山は古くから山岳信仰の山だったようでして「大山詣り」が有名です。
伊勢原駅から市街地を抜けて大山詣りにいく旧道を登っていきます。
5km地点ぐらいまでは緩い坂が続きます。また民家前ではみかんが袋で100~200円
販売されていました。
5km地点で旧道と新道が合流するのですが、本来そこを右折してケーブルカーの駅方面へ
行くのが正しい道だったのですが先に行く先輩についていったらコースを間違い
直進してしまい舗装された峠道の大山林道方面へ行ってしまいました。(^^ゞ

残り2kmでケーブルカー駅なのに、地図で確認した時は「こんなS字の峠道なかったよな?」
と思いながらいると先輩にどんどん離されていきます。
oyama2.jpg
止まって地図を確認するとやはり間違っている。
ただ最後はつながるようだから練習がてら峠道を走ります。

約10km地点でケーブルカー駅から少し上がった所にある雨降山 大山寺に到着。
oyama3.jpg
ここですが300円で厄除けのかわらけ投げができます。要は皿割りですね。
ストレス発散にはいいと思います。

そこからレースコースの女坂の石の階段を登りゴールの阿夫利神社下社へ向かいます。
走りながら”羊羹”を補給

10:40 阿夫利神社下社 到着(標高696m)
少しコースロスして長い距離を走っていますが1時間10分ぐらいで到着。
本番では1時間以内ぐらいを目指そうと思います。
阿夫利神社下社では既に初詣の準備が着々とされていました。
oyama4.jpg

そこから振り返ると鳥居越しに綺麗な景色が見えます。残念ながら曇なので
市街地ぐらいしか見えません。
oyama5.jpg

折角ここまで来たので山頂を目指します。
山頂へは阿夫利神社下社の下手奥から表参道の山頂への登山道があります。
oyama6.jpg
徒歩で90分で山頂です。山頂から下社までは60分です。
まずこのトレイルの印象は石段がすごい。
ただ富士山と違って高さが低い分少しだけ楽です。
また凄く親切だったのは下社を1丁目として、山頂の28丁目まで石柱が立っています。
これをモチベーションにしながら登ります。
8丁目で浅間山方面の裏参道からの合流。25丁目でヤビツ峠からの合流があります。

20丁目に富士見台がりました。大山の中で、この場所からの富士山が絶景とこのこと
ですが、残念ながら山頂部分は雲に覆われていました。
oyama8.jpg

11:30 阿夫利神社本社到着。その裏が山頂(標高1,252m)
下社から40分。駅から2時間で山頂まできました。
oyama12.jpg
天候が良くないため江ノ島などは見えますが、新宿の街やスカイツリーは見えませんでした。
そして何よりも寒かった。汗かいているからもありますが気温0度。
写真をとるために手袋をとると手が震えます。
取り敢えず風よけの小屋のところで持っていたシェルを1枚着てランチタイム。
おにぎり2個とスニッカーズを補給。

ランチしているとでてきました。野生の鹿です。ご飯狙われていました。
oyama9.jpg
丹沢には野生の鹿が沢山いるんですよね。
シカが増えたことで、奥山では下草が食べられ、生きものの種類や数が減り、里山では農作物
にも被害が出ているそうです。頭数管理のため捕獲しているそうです。
そのため伊勢原市では鹿鍋が食べられます。
また鹿が大量にいるということは相棒のヤマビルもいるということです。今は冬期で大丈夫
ですが暖かい時期は気をつけてください。

激寒のため10分ぐらい山頂にいて下山。石が多く浮石に注意のトレイルですが、「ヤッホー!!」
って言いながら下ります。
oyama10.jpg
今日はトレランシューズではなくランニングシューズのためグリップ力があまりないです。
可能な限り飛ばします!20分で下社まで下山。

寒かったため売店に入り暖をとりながらお汁粉の補給。今度は駅まで下りです。

そこからはコースの女坂の階段を下りながらドンドン下っていきます。
oyama11.jpg
売店や旅館がある綺麗に舗装された道が見えたらケーブルカーの駅です。
ここからあと7kmで伊勢原駅。

途中、コースアウトした場所を反対側から通過
okyama12.jpg
登って来る時はここを右折だったんですね。今回は下りなので左折します。

14:00に伊勢原駅到着
距離は往復で24.8kmで3時間30分で往復できました。

ロッカーから荷物を取り出して隣の鶴巻温泉駅の駅前にある「弘法の里湯」で汗を
流して帰宅しました。



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/12/29 16:09 ] トレイルラン | TB(0) | CM(10)

お疲れ様でしたm(_ _)m

トレラン寒そうですが、楽しそうですね…
しかし、丹沢大山って冬以外はヤマビルが怖い~(>.<)
[ 2012/12/29 23:36 ] [ 編集 ]

Re: お疲れ様でしたm(_ _)m

tekumaro さん
寒かったです。山頂では4枚きていました。
下に走りながら降りてきたので1枚づつ脱いで最後は裸・・・なわけないですw

そう丹沢はヒルがいるんですよ。六甲にはいませんか?
[ 2012/12/30 07:54 ] [ 編集 ]

ヤマビル

六甲山系には鹿が居ないんです~なので、ヤマビル被害は聞かないですね(^^)
しかし、他の兵庫県の山々には鹿が生息してるのでヤマビル被害があるようです。
姫路の奥にロック・クライミングで有名な冬彦山があるのですが、私はハイキングに行きたいのですが、友人がヤマビルにビビって行ってないんです(≧Д≦)
靴下の中まで血を吸いに来るらしいですよ(>.<)
[ 2012/12/30 08:39 ] [ 編集 ]

大山

天気が心配でしたが、無事にいけたのですね。それにしても伊勢原駅から山頂ですか。。すごいです。登山マラソンでも爆走しちゃってください。
[ 2012/12/30 10:12 ] [ 編集 ]

マラソンシーズンですね

これからがマラソンのトップシーズンでしょうか、箱根駅伝を初めとして様々な大会が各地で開催されるようですね。
bgさんも、これから走られるのでしょうか。
お体にお気をつけて、良いお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いいたします。
[ 2012/12/30 10:57 ] [ 編集 ]

スタート地点は伊勢原駅前ですから、確かに駅に一番近いところでスタートするレースですね。駅前はあまり広くはないのですが、年代別の時差スタートなのでスタートはスムーズです。

上り(登り)だけのレースはここと富士登山競走くらいでちょっとキワモノ扱いされることもあるようですが結構ハマリます。

参加賞の小さなリュックもかわいくていいです。まぁ何個もいらないのですが。
[ 2012/12/30 17:32 ] [ 編集 ]

Re: ヤマビル

takumaroさん
こんばんは。六甲にはいないんですね。
冬彦山いいじゃないですか。
これをつかってぜひ行ってみてください。レポおまちしています。
http://kitahata55.co.jp/untiku/yamahiru/kusuri/kinkai/panf.pdf
この時期は大丈夫だと思いますが

自分はヒルはないですが、ブヨにはさされたことあります

[ 2012/12/30 21:56 ] [ 編集 ]

Re: 大山

ジュンボー さん
こんばんは。コメントありがとうございます。
はい夕方雨予報でしたが山中は大丈夫でした。
ジュンボーさんでも駅から山頂往復できるとおもいますよ。
ぜひトライしてみてください
[ 2012/12/30 21:58 ] [ 編集 ]

Re: マラソンシーズンですね

薄荷脳70 さん
こんばんは。そうですね。マラソンはこれからがシーズンですが実は
苦手です。少し暑いぐらいの11月とか3月とかが個人的には好きです。
上尾シティも11月ですしね。
こちらこそ来年もよろしくお願いします
[ 2012/12/30 21:59 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

新横の雅 さん
こんばんは。大会要項をよくみたら年代別でスタート時間が違うんですね。
たしかにロード区間はいいですが階段タイムは混みそうなのでいいと思います。
富士登山競走であれほど走りながら後悔したのに、来年のこと考えていますし
こういうレースはハマりますよね。
参加賞のリュックきになります
[ 2012/12/30 22:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bbggkk.blog.fc2.com/tb.php/141-0a220533