第70回富士登山競走山頂コース 五合目~山頂編




こんばんは。
引き続き富士登山競走のレポです。今回がラストです

INDEX
1)第70回富士登山競走山頂コース 準備編
2)第70回富士登山競走山頂コース スタート~五合目編 
3)第70回富士登山競走山頂コース 五合目~山頂編 ←イマココ

五合目佐藤小屋 2時間12分(予定よりも2分以上も貯金)

よく五合目佐藤小屋を2時間10分以内で通過しないと山頂完走は
できないと言われています。
ここからの力があれば問題無いと思っています。実際、過去も登れているので。

五合目から上が、富士登山競走の核心部で砂礫、岩場ステージへ

まずは六合目砂礫地帯
友人2人がサプライズ応援に来てくれていました。

そして7合目手前には懇意にしてもらっている某トップアスリートも応援して
くれてガッチリ握手。

雲の中に入り若干雨も降り始め砂礫が通常よりも締まり路面状態は
かなりよくなりました。乾いていると進むたびに滑るので本当に苦労します。
また今期ビーチランを経験したことで、滑る路面での走り方のコツを
覚えた事も効果あったと思います。
兎に角”蹴るではなく踏む”

七合目過ぎると岩場地帯。周りの方は暑いためかグローブをしていませんが
自分はスタート時からトレイル用のグローブをしておりガシガシ掴んで
四足歩行で登ります。隙きを見つけて他の方が嫌がるルートで登りかわす。

また試走時に七合目の岩場を心拍上げて登ったことで高山病の原因に
なったため心拍を165bpm以上越えたら落としながら登ります。
165bpm以下なら乳酸も溜まりにくい状態でパワーも落ちない。

本八合目の関門手前で「多摩川マラソン日記」のelbさんが動画を
撮影してくれていました。

「どうだった?」と声かけたら「今年は駄目だった」と落胆されていたけど
3時間15分でゴールされて本八合目まで下山して撮影されていました。

本当に毎年速くてかつ、撮影ありがとうございます。

本八合目関門 3時間52分(関門8分前)
五合目関門から5分を取り返しかなり余裕ができました。
この時点でトラブル無ければ完走はできると確信。

あとは一歩一歩登るだけ。
途中かまかまさんを見つけて「このペースなら完走いけますよ」と声を
かけて先へ。

九合目鳥居が見えて”ホッとした”
2014年の時は時間制限が危なく九合目鳥居が見えたら魂の走りをしたが
今回は一歩一歩踏みしめて登った。

最後の折り返しゴールの手前には仲間が「きた~~。待ってた」と
手を出したのでハイタッチしながらゴール。

山頂 4時間25分

ゴールの先には友人たちが早朝から山頂まで登って応援に来てくれていた。
日本一高い500円のコーラを買って一気飲み
関西から遠征してきたkenさんとも健闘を称え合い握手

山頂の石碑で写真撮影

13:30まで制限時間のスバルライン五合目へバスへの富士下山競走開始

富士山に来ると約束もしてないのに本当に多くの友人に会える。
そんな魅力的な山が富士山。いつもありがとう。

通過データ
馬返し  1時間 8分 1,36X位
五合目 1時間12分 1,16X位
八合目 3時間52分 1,07X位
山頂   4時間25分 1,04X位
馬返しから約320人ぐらい抜いたみたいです。

最後に皆さん「富士登山競争」ではなくて「富士登山競走」ですよ(笑)

また時間ができたら更新します。それではまた。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
スポンサーサイト
[ 2017/08/06 23:43 ] トレイルレース | TB(0) | CM(0)