第70回富士登山競走山頂コース スタート~五合目編



こんばんは。
引き続き富士登山競走のレポです。

INDEX
1)第70回富士登山競走山頂コース 準備編
2)第70回富士登山競走山頂コース スタート~五合目編 ←イマココ
3)第70回富士登山競走山頂コース 五合目~山頂編


昨年参加時は仕事が忙しく当日乗り込みをしたが、すこぶる体調が悪かった
ので今年は仕事放棄して木曜日の夜に現地入り前泊

AM4:00起床
AM5:00宿出発
AM5:40スタート地点到着

今年になってからやっているウォーミングアップのドリルをコースから離れた場所で
こなし一旦体を温めてトイレ
AM6:30整列 Bブロック前方

開会式のあと富士吉田消防の宮下さんがいつもの気合入れ。
今年も無事に動画撮影できました(笑)


エイエイオー!×5回(例年より2回多い)

AM7:00 号砲

今回の作戦は2時間14分に五合目を通過。トラブル無ければ山頂まで
ギリギリ完走出来ると思っていた。2014年の完走した時がそうだったから。

トラブルで一番怖いのは試走時に味わった高山病
高山病の主たる原因は酸素が少ないこと
→常に心拍数を把握し165を越えたらペースを少し落とし心拍150台へ
→また大きく息を吐く事で空気が取り込まれる。吐く呼吸を意識。
特に五合目以降についてはこれだけ気をつけた。

幸い左手にGarmin、右手にvivofitで心拍ベルトから両方に心拍数を
飛ばせたため左手はタイム等、右手のvivofitは心拍のみ表記にした。

いつものように苦手なロードの坂道。中の茶屋までは対した坂じゃないので
それなりの速度で。何人かお友達に抜かれたが「またあとで」とお返事し
マイペースを貫く。

中の茶屋近くでやべっちさん発見しお声がけ

やべっちさんが「ついていけば完走できる」と言われて背中に張り付いてきた(笑)
目の端に黄色のウェアがチラチラ映る
そのうちどんどん斜度がキツくなり自分のことで精一杯。
馬返し直前の坂を戦略的に歩きに変更 

馬返し通過:1時間8分

馬返し後すぐの鳥居のある階段は多くの人でごった返し走れない。
やべっちさんとネコさんと山頂へ行こうと声をかけて進む。
皆歩いて渋滞している。
今年は、馬返し~五合目区間のトレイルは以前より走れる力がついていた。
これは試走時に確認済。
皆歩いているけどなので二合目五勺までかなり走った。

特に浸透桝という大きな木の四角い枠がある。雨とかの水が全部流れ落ちないよう
に一時的に貯まると場所。だいたい2枠1セット
20140725fuji17.jpg

1枠は大きな石が埋まっている。もう一つは大きな穴という感じ
皆は大きな石と段差を嫌がり木枠の外枠の平らな部分を通る。
その瞬間真ん中が空く。隙きをみて浸透桝を一直線に進む。これ1回で10人ぐらい
抜けます。大きな石で捻挫の可能性はあるが自分は足首が柔かいので平気。

浸透桝が現れるたびに人をどんどん抜いていく。

走れるところはどんどん走って人を抜いて五合目佐藤小屋手前で今までに無いほどの
渋滞が発生。並んでいるのに自分のことしか考えずに横から抜こうとする人が多く
少しキレる。怒号が跳ぶ。最後は横入りや走路外から入ろうとする不届き者を手で制して説教。

いろいろな所で渋滞がなければなど”タラレバ”論があるが、渋滞するのは最初から
わかっているんだから、それが嫌なら速くなるしかないんだと周りと話ながら五合目通過

五合目佐藤小屋 2時間12分(予定よりも2分以上も貯金)


つづく
 
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
スポンサーサイト
[ 2017/07/31 22:53 ] トレイルレース | TB(0) | CM(2)

第70回富士登山競走山頂コース 準備編


昨日は富士登山競走に参加された皆様本当におつかれさまでした。

こんばんは。本当にご無沙汰しております。
更新するのは9ヶ月ぶりです。

個別での生存確認や”たまには書きなさい”とお声いただいておりましたが
仕事とやりたい事とのバランスの問題でブログに手がつけられず放置していた
ということが正直なところです。

走ってはいます。それはjognoteを御覧くださいませ。

さて、あちこちでレポートが上がっておりますが第70回富士登山競走のレポ
を久しぶりに書きます。というか毎年の自分のための備忘録として


まずは練習等の準備編としてやったことを羅列ですが

2017年4月
 ・3月にフルマラソンを終えて山仕様へ体を作り変え開始
 ・この月はレースは出ずに週末に奥武蔵グリーンライン坂道練習
 ・近場のトレイルコースを3時間程度
 ・特に低山(400mぐらい)のトレイルを3~5登練習も追加
  登りは全速。下りはジョグ。これは一人でやっていてかなり辛かった

2017年5月
 ・個人的に懇意にしてもらっている某メーカーのトップアスリートと
  プライベートトレラン。全速で追っかけてもぶっちぎられる。
  この練習はすごく刺激的でトレイルの走り方の考えを変える契機に
 ・武甲山(1,304m)バーティカル練習
 ・TOKYO成木の森トレイルレース23kに参加(レポート書いてません)
 ・日光いろは坂アタック
 ・週1回トラック練習
 ・ジムのトレッドミル坂道練習開始 斜度12%6:00/km

2017年6月
 ・富士登山競走試走(市役所~六合目~市役所)
 ・週1回のトレッドミル坂道練習 斜度12-20%
 ・可能な限りトラック練習は週1回
 ・武甲山(1,304m)バーティカル練習 
 ・SPA TRAIL 四万温泉~草津温泉72.6k 累積標高4,500m
  これもレポート書いていません(笑)
  2年ぶりにロングトレイルに参加。50k走ってからの1,400段の階段と梯子
  鏑木さん、松本大さんの走れるコース選定をかなり恨みました(笑)
  無事にそれなりのタイムで完走

2017年7月
 ・八ヶ岳登山(2,800m)
 ・富士登山競走試走(市役所~八合目)
  五合目までは調子が良かったが、七~八合目で重度の高山病
  人生初の山頂へ行けず。フラフラの状態で下山時に岩場で転倒し負傷
 ・日光 赤薙山(2,010m)、女峰山(2,483m)高度順応へ
  雨風が強く女峰山へ行くのは諦め赤薙山周辺でウロウロ
 ・富士山五合目~山頂の再アタックも検討したが予定が合わずできず。
  今年は本番前に山頂へ行くことができないままスタートラインへ

基本は週末は山へ、平日はトラック&トレッドミルで練習してきました

つづく
 
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
[ 2017/07/29 22:30 ] トレイルレース | TB(0) | CM(4)