2014ツールド・フランス さいたまクリテリウムに行ってきた



こんばんは。
昨日は暑い中各地のレースに参加された方おつかれさまでした。
ナイスランでした。

さて、今回はロードバイクの話なのでランの話は一切ありません。

10月25日(土)ですが近所で
2014 Le Tour de France SAITAMA CRITERIUM
(2014ツールド・フランス さいたまクリテリウム)が開催された
ので観に行ってきました。

================================
ツール・ド・フランスとは(以下:wikipediaより)
毎年7月にフランスと周辺国で23日間の日程で行われる自転車
ロードレースレース。
距離にして3300km前後、高低差2000m以上という起伏に富んだ
コースを走り抜く。フランス国内でのレースが中心だがイギリス
イタリア、スペイン、ベルギー、モナコなど周辺国が舞台になる
ステージもある。平坦ステージ、山岳ステージ、タイムトライアル
ステージ(個人、チーム)と多彩なステージ設定がされている。
================================
サッカーW杯、オリンピック、ツール・ド・フランスと世界三大スポーツ
イベントの一つです。

そんなビックイベントの名前を本レース以外で唯一公式に認められた
のが2014ツールド・フランス さいたまクリテリウムです。

会場は、さいたまスーパーアリーナなどがあるさいたま新都心周辺
20141025tfs8.jpg

ロードバイクのことは詳しくないですがツール・ド・フランスは
テレビ観戦していたので少しだけルールなど分かります。

ロードバイクのレースをみて一番驚いたのでチームスポーツ
ということ。絶対的なエースがいてエースを優勝させるため
に周りのアシストが献身的に風よけになったり、補給を持ったり
時には前にでて相手チームを牽制したりします。

さいたま新都心駅に着くと凄い人
20141025tfs3.jpg

沿道にも盛り上げ
20141025tfs2.jpg

会場に着くと街が閉鎖されています。
20141025tfs5.jpg

線路をくぐる立体交差も封鎖中。ここさいたまシティマラソンで
走るコースです。
20141025tfs1.jpg

メイン会場のさいたまスーパーアリーナ(招待席のみ)では選手
インタビューなどが行われておりそれをパブリックビューイングで
見れたりします。
インタビューが終わるとさいたまスーパーアリーナから
選手がコースへ

うわ!黄色のジャージのニーバリだ。
マイヨ・ジョーヌ(個人総合時間賞)の人だけが着れるものです。
20141025tfs4.jpg

ツール・ド・フランスはジャージの色で凄さがわかります
・黄色:マイヨ・ジョーヌ(個人総合時間賞)
・白地に赤水玉:マイヨ・ブラン・アボワルージュ(山岳賞)
・緑色:マイヨベール(ポイント賞)
・白:マイヨ・ブラン(25歳以下の新人賞)

山岳賞が個人的には気になりますね(笑)

マラソンのレースも目の前をあっという間に通り過ぎますが
ロードバイクめちゃめちゃ速い。
クリテリウムなので周回コースで何回も観戦できます。
20141025tfs6.jpg

今年は世界トップ選手がきているので兎に角すごかった。
シャカシャカとベダルを踏む音が聞こえてきます。
20141025tfs7.jpg

これ観戦しているとロードバイクが欲しくなります
悪い影響がでそうです(笑)

追伸:保母さんのお友達から聞いたのですがさいたま市内の
保育園では給食がツール・ド・フランス記念でフランス料理が
でたそうです。
メニューはクロワッサン、ポトフ、マセドワーヌ・ド・フリュイ
小さな子供たちにはいい思い出ですよね。

下記は生放送していたテレビ番組のダイジェストです。
迫力が凄い。


そうそう。ご興味のある方
新潮社からでている『エデン』『サクリファイス』著:近藤 史恵を
読んでいると凄く面白いですよ



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
スポンサーサイト
[ 2014/10/27 23:50 ] 生活 | TB(0) | CM(7)

第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(6)


こんばんは。

明日は各地でレース沢山ありますね。参加される方怪我なく楽しんで
きてください。

さてレポの続きです。今回がラストです

◆INDEX
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(1)
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(2)
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(3)
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(4)
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(5)

今回は第3チェックポイント~ゴールまでです。
hasemap.jpg
出典:獣人キャンプより ※クリックすると大きくなります。


第3チェックポイント 御岳山(929m)長尾平を通過して
御岳神社の境内がコースとなっています。
20141010hase34.jpg
真っ暗の神社雰囲気凄い。合掌して先に進みます。トイレ有

門前町を抜けます。左手に自販機がありコーラの誘惑。
20141010hase35.jpg
ここは我慢です。宿もあり熊鈴が鳴らないようにして走る。

一旦下って再度、日の出山への登り返しが始まる。
登るのは標高60mぐらい。トレイルも綺麗に整備されているので
ガンガン走って登れます。

60.5km 日の出山(902m)に到着。
20141010hase36.jpg

標柱を撮影して振り返ると五日市の夜景
20141010hase37.jpg
スマフォで撮影はこれが限界でした。実際はもっと綺麗です。
この街まで降りればゴール。

残り10.5km 下りの金毘羅尾根。タイムを見ると14時間ちょっと
これもしかして頑張れば14時間台入れるのでは?と思って欲が出だした。

瞳に火がついて魂の下り開始。

このレース中で一番集中してぶっ飛んでおりました。
GARMINのLAPを見ると4:30~6:00/kmをウロウロ
若干登り返しもありましたが全部走りました。

途中まで1名背後についてきていた人から話をかけられて
『暗闇の中ものすごくいいリズムで下っているので、背後について
リズム盗ませてもらいました。自分はもうダメだから残り頑張って』
と応援を貰って残り5km、3kmの標識を確認しどんどん
スピードアップ。

舗装路に出て残り1km弱。住宅街に応援の方がいたので
「ありがとう」と声かけたら逆に「しぃぃぃーーー」って怒られ(笑)
夜中の住宅街ですからそうですね。

五日市会館の光が見えて一安心。前後に誰もいないので
両手あげてゴール。
20141010hase40.jpg

15時間ちょっと超えちゃった(>_<)

エリート選手だけかと思ったら椅子に座らせてくれてボランティアの方が
シューズからチップを外してくれる。
その場で完走証と完走Tシャツを受取。
20141010hase38.jpg

ほっと安心して豚汁サービス×コーラのコラボを投入。
20141010hase39.jpg

追加でうどん、カップラーメン、オニギリを食べてお腹を満たして
荷物のある五日市中学体育館で着替えて始発まで仮眠。
岐路へ

初めてハセツネに出走しての感想
・一つの山の標高はそんなに高くないけど累積標高約4,800m
(4,800m登り、4,800m下る)で正直キツイ
・基本は樹林帯がコースで展望もあまりなく景色もほとんど見えない
・スタートして4時間以外は基本は暗闇ナイトステージ
・地元のオイシイものが食べれる素敵なエイドなんてない
 すべて自分で用意して背負っていく。

世界的クライマーの長谷川恒夫さんの業績を讃え、大会の象徴
としているハセツネ。
景色、オイシイより耐える。色々なものでずっしり重くなったザック。
それがハセツネというレースの重みなのかな。

終わって考えると水分、補給食、装備、休憩、走り方など
もっともっと改善できた部分が沢山あり次出ればと思う。
それだけハセツネ出走経験有無でかなりタイムが左右されると思う。

「来年でるの?」と聞かれたら「まだわらかない」
「今後でるの?」と聞かれたら「出る」

もう少しトレーニング積んでしっかり試走して準備していつか
ハセツネでサブ12を狙いたい。

電話、メールなどで応援してくれた皆様
沿道や山中での応援、ボランティアの皆様,主催の皆様
本当にありがとうございました。

おしまい

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
[ 2014/10/25 22:43 ] トレイルレース | TB(0) | CM(8)

第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(5)

こんばんは。
今日は寒かったです。明日も関東は雨で気温が低そうですね。

さてレポの続きです。

◆INDEX
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(1)
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(2)
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(3)
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(4)

今回は御前山~第3チェックポイント大岳山長尾平までです。
hasemap.jpg
出典:獣人キャンプより ※クリックすると大きくなります。

御前山から今度は下りトレイルを走ります。
崩落した木段やザレた足場となるので兎に角注意しながら下ります。
途中鞘口山(1,142m)を通過すると山の中に声が聞こえてきます。
1kmぐらい行くと大ダワ(1,109m)に到着。

特にチェックポイントではないのですが救護所が設けられており
ある意味ギブアップポイントでした。。トイレ有。
20141010hase28.jpg
パンを1個補給。ふと振り返るとハンサムネコさんが
いらしてびっくり。応援にいらっしゃってました。詳細はコチラ

20141010hase41.jpg
※写真はネコさんのところからお借りしました。応援ありがとうございました。

奥多摩三山のラスト大岳山(1,265m)への登りがスタート
ここら辺も登りでは抜く事が多く一人一人拾います。

樹林の中に岩場が出現し急登の開始です。3点確保しながら登ります。
試走をしていないので、まわりの方とお話しながら岩場がどれだけ続くのか
を教えてもらいながら登ります。

鎖もありハセツネコースで、たぶん一番危険箇所かと思います。

途中真っ暗の岩場にオールスポーツの方がいてビックリしました。
個人的には岩場の急登好きです。標高稼げるから(笑)

GARMINの標高を見ながらあと○mと皮算用。
少しするとボランティアの方の応援が聞こえて55km地点 大岳山の山頂到着
20141010hase29.jpg
見晴らしもよく前半通ってきた山々が見えます。
三頭山も見えて所々にヘッドライドの明かりが暗闇の中に見えます。
皆ゴール目指してると思うとなんか運命共同体で嬉しかったです。

ボランティアの方から山頂は気温7℃です。あまり長居しないで
くださいとの注意が。
魚肉ソーセージの残り半分を食べて大岳山を下ります。

岩場の下りなのでスピード出ません。
先程まで降っていて雨の影響で滑るので安全第一で下りました。
登りは一部渋滞したので写真を撮れませんでしたので下りで撮影
20141010hase30.jpg
こんな岩場を奥から下り

20141010hase31.jpg
こんな岩場の先を下ります。

大岳神社横を通り軽く手を合わせて先に進みます。

岩場も終わり走れるトレイルとなり走って下っていると水の音が聞こえる
沢があり水場(自然水)が近いと思いどんどん走ります。

綾広の滝に到着。ここは使っていい水場です。
20141010hase32.jpg
第2チェックポイントで貰った水分はほぼ底をついていたのでフラスコに
2Lを補充。そしてアミノバイタルなど顆粒を摂取。

ここからはかなり整備されたトレイルでガンガン走れます。
大岳山の山頂で累積標高を確認した時4,200mだったのであと
残り300mの登りとかんがえるとだいぶ気分が楽でした。

次第に暗闇の中で声が聞こえてきます
第3チェックポイント 御岳山(929m)長尾平 
AM2:00 だいたい13時間
20141010hase33.jpg

つづく

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
[ 2014/10/23 00:01 ] トレイルレース | TB(0) | CM(4)

第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(4)


こんばんは。

最近なんか大腿四頭筋とハムストがでかくなってきたbgです。
このままだと学生の頃のようにウエストでパンツを合わせると
腿がきつくなりそうです。

さてレポの続きです。

◆INDEX
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(1)
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(2)
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(3)

今回は三頭山~御前山までのお話です。
hasemap.jpg

出典:獣人キャンプより ※クリックすると大きくなります。

36.3km地点 三頭山(1,527m)到着。ハセツネコースで三頭山が
一番高い場所です。ここまでで累積標高が約3,300m
全体の累積標高が約4,800mなので全体68%登りは終わっています。
残りは約1,500mなので丹沢の大山チョツト分ぐらい。

山頂は寒いのですぐに鞘口峠へ向かいます。基本は下り基調。
急な下りのためけっこー危ないです。

途中前の人が転倒し肩を強打。自分と前の人で手伝って起こして怪我
などの確認。
なんともう一人の方は整形外科医で簡単に診察して3人で話を
しながら下ります。
メインは俺の中子骨の骨折の話(笑)

20141010hase23.jpg
下っていると途中に渋滞。前のランナーからは『ランナーストップ』の
伝言が伝わってきます。
そういえば三頭山の登りで救急のサイレンが鳴っていた。
男性が滑落したとのこと。
レスキューが上がってきてタンカーへ救護中でした。

その後ランナーストップが解除されて改めてスタート。
鞘口峠(1,140m)を通過し登り返しがあり砥山(1,302m)
まで登り返して風張峠(1,170m)へ

水が300mlしか残っていないのでジェルを中心に補給をしてきた
のですが流石に甘いジェルばかり飲んでいると胃が気持ち悪い。

3回ほど車道にでてトレイルに入りを繰り返して月夜見山(1,142m)
を経由して42km地点月夜見山 第2駐車場に約9時間で到着。
20141010hase24.jpg

ここで水orポカリを1.5L貰えます。自分はポカリ500ml、水1Lを補給。
ブルーシートにザックを下ろして中からチョコパン2個、魚肉ソーセージ半分
水分を温存して補給できなかったアミノバイタル。
胃腸薬の陀羅尼助丸を服用。
結局貰った水の300mlを補給で消費
20141010hase25.jpg
見る人がみたら野戦病院のようです。

トイレを済ましてスタッフの方に次の水場:綾広の滝(自然水)までを
教えてもらい再スタート。

一旦、小河内峠(1,050m)まで下り、登り返し。
ここら辺りの上りでは基本抜くことはあっても抜かれることは少なく
前後にランナーもいなくなり一人になることが多かったです。
なので思った以上に怖い(@@;)
スマフォをいじったりして気を紛らわせて先に進みます。

途中途中のトレイルの横にライトがついているですが動かず。
ハンドライトで照らすとエマージェンシーシートに包まって仮眠中の
皆様でした。
寒い中よく寝られるなと関心しながら横を抜けます。

惣岳山(1,340m)を通過。
20141010hase26.jpg

奥多摩三山の一つ御前山(1,405m)
20141010hase27.jpg
ここには避難小屋もありトイレ、水場(自然水)もあります。
トイレは利用可能。水場は利用禁止です。

ベンチもありますが写真だけ撮影して次の目的地大ダワへ

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
[ 2014/10/20 23:03 ] トレイルレース | TB(0) | CM(4)

第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(3)



こんにちは。

暴食の日々をつづけたら肌が荒れてきたbgです。
スキンケアが必要になってきました。

さてレポの続きです。

◆INDEX
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(1)
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(2)

今回は第1チェックポイント~三頭山までのお話です
hasemap.jpg
出典:獣人キャンプより ※クリックすると大きくなります。

第1チェックポイントの浅間峠(890m)
20141010hase18.jpg
胸のソフトフラスコを1個背中のソフトフラスコと交換

次の日原峠(900m)、土俵岳(1,005m)に向かいます。

もちろん山の中で真っ暗で前後に数人いるだけ。
尾根道で高低差もすくないため腰ライトとハンドライトで照らせば
自分の走る範囲では問題ありません。なので撮影もしてみました。
20141010hase19.jpg
日原峠のコースから一部外れたところに自然水の水場があるの
ですが使用禁止。

キツイ登りに慣ればスピードハイク。
20141010hase20.jpg

ここでマーシャルのマークを着けている人に出会ったので話をしながら
走ります。
俺:「マーシャルはどのように指名されるんですか?」
マーシャル:「安全走行講習会に参加が必須」とのこと。

調べてみたら月1回講習&費用20,000円でハセツネエントリー権利
が付いてくる。
ただし選手として走りながらもGPSで自分の位置を本部へ
知らせながら、怪我人救助もする。責任のあるお仕事。
タイムを求める人には趣向が違います。

お話した方は学生時代から山岳部で国体とか出ていたので
自力もあり走る歩くをうまく使うので32km地点の西原峠(1,158km)
まで引いてもらいました。
その後マーシャルの方は西原峠のスタッフとコミュニケーションするため
お別れして先に進みます。

西原峠のベンチにてチェストに搭載しているソフトフラスコ1個を
入れ替えようと背中からソフトを1個取り出したら・・・・

ソフトフラスコの蓋がしっかり閉まっていなく漏れていた Orz
フラスコの残りは300ml
32km地点なので給水できるのは10km先の42km地点。

これは凹みました。ロードの10kmなら足りるけどトレイルの
10kmだと足りない。
登りを走るとたぶん水分がもたない。

仕方ないので登りはスピードハイクに切り替えて我慢

そして雨が降り始めます。路面も濡れてスリッピーに。
コケて骨折した箇所で手をつかないことだけを注意しました。

奥多摩特有の霧も発生し始めて白いライトは乱反射して
先が見えなくなってきます。
事前に霧対策でライト部分に装着する黄色のフィルタを持って
いたので装着すると明るい明るい。よく見えます。
20141010hase21.jpg


槇寄山(1,182m)への登りがスタートし走れるところは
走って残りはスピードハイク。どこかピークわからないうちに
三頭山(1,527m)への登りが開始。

階段が続くので動画を撮りながらゆっくりと登ります。

後ろの方のハアハアが録音されています(笑)

何度か雨に降られながら
36.3km地点 三頭山山頂到着
20141010hase22.jpg


つづく

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
[ 2014/10/18 13:38 ] トレイルレース | TB(0) | CM(2)

第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(2)



こんばんは。
ハセツネが終わってから余りにもお腹が空いて毎日栄養満点で
暴飲暴食しているbgです。

さてレポの続きです

◆INDEX
第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(1)

まずはコースのご紹介
・距離:71.5km(制限時間24時間以内)

•累積標高差:約4800m
※4800m登り4800m下る

・奥多摩山域
五日市中学校→今熊神社→市道山分岐→醍醐丸→生藤山→土俵岳
→笹尾根→三頭山→大岳山→御岳神社→金比羅尾根
→五日市会館前フィニッシュ
hasemap.jpg
出典:獣人キャンプより ※クリックすると大きくなります。

・参加資格(特徴的なものだけ抜粋)
山岳保険加入
指定された水場(自然水)以外での水補給及び食料等補給をしたら失格

12:30 開会式
20141010hase11.jpg

前年度の優勝者 東徹さんの選手宣誓
みんなでエアロビして準備体操
関西在住時に走り方を教わった佐藤光子先生(2012年女子優勝)の勝鬨
12時間以内ゴールのプラカード近くに並びスタートを待つ。
20141010hase12.jpg
ここでアレキさんを発見しご挨拶。

13:00 号砲
まずはノロノロ歩き。ロスタイムは3分程度
少しの住宅地を抜けて山方面に向かって走ります。

約1km地点:地元の方が祭囃子の応援で盛り上げてくれます。
ここら辺から坂が始まります。
動画がYouTubeにupされていました。

さーー自分を探してみてください(笑)
ヒントは3:00~5:00見つかるかな。わかった人は秘密コメントにて。

1km Lap 7:04/km(ロス3分程度含む)

その後も広徳寺の前辺りまでロードの坂が続きます。
ただ少しづつ道が狭くなり混雑開始。


トレイルの入口手前でとうとう止まった大渋滞。牛歩です。
20141010hase13.jpg

2km Lap 26:26/km 見たことないぞこんなLap(笑)
先が長いからイライラしたくないけどまったくもって進まないのでびっくり。

その後一旦ロードにでて変電所横を通り今熊神社へ向かいます。
20140928hase4.jpg
※写真は試走時のもの。
途中にレイさんが応援していただいておりました。ありがとうございます。

今熊神社の階段を登り今熊山へ
20140928hase6.jpg
※写真は試走時
その後も断続的に渋滞が発生し正直Lap見るのやめました。
渋滞にハマりたくなければ練習して速くなるしかないから。
20141010hase14.jpg
渋滞で皆並んで待っているのに横から無理に追い抜く方が数名
マナー悪い人ってどこでもいますね。

7km地点入山峠(600m)で一旦ロードに出て再度トレイルへ
ジェル1個補給。
峰見通りは大小約20ぐらいのピークがあり、4枚の急登があります。
シングルトレイルなので抜きどころも少なくスピード上げても疲れるだけな
のでじっくり我慢の走りです。

市道分岐(775m)を左折して吊尾根区間へ
ここからは自分のペースで走れる区間。なので写真ないです。
めっちゃ走りました。
2枚の急登を抜けて15.2km地点 醍醐丸(867m)へ。
ここにも事前に登ってきた多くの応援の方がいました。
ありがとうございます。

連行峰(980m)、生藤山(990m)を抜けた辺りで少し暗くなり
走っていながらお腹もぐーぐー鳴り出す。
三国峠(950m)のベンチにて一旦休憩。
20141010hase15.jpg
オニギリ1個、チョコパン1個ジェル1個補給。

ライトを腰に装備。ハンドライトを手に装着。
ライトジャケットを着る

20141010hase16.jpg
第一チェックポイントに向けて下り基調のトレイルを走ります。

熊倉山(966m)を抜けると日が落ちて暗くなりライト点灯。
下りなのでできるだけ近い足元をハンドライトで少し先の場所を腰の
ライトで照らして走ります。

暗闇を行くと遠くに応援の声が聞こえてきます。少し明るくなり
第一チェックポイント22.6km地点 浅間峠(860m)に到着。
20141010hase17.jpg
なんか縁日みたいにライトで照らされてエイドみたいですが
もちろん食料なんてありません(笑)

仮設トイレで用を足してコースに戻ると所属トレイルチームの仲間が
応援に来てくれて写真を撮影してくれました。

自分の想定では4時間を目標でしたが渋滞の影響もあり
約4時間30分で第一チェックポイント通過。

ここまでに水は1L消費。残り1Lで20km先の月夜見山へ向かいます。

つづく
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
[ 2014/10/15 23:18 ] トレイルレース | TB(0) | CM(4)

第22回日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきた(1)

こんばんは。

昨晩はオール?だったのでなんか日付感覚がオカシイbgです。

さて日本山岳耐久レース(ハセツネCUP)に参戦してきたので少しづつ
レポを書いていこうと思います。

まずは装備&現地入り編から。

ハセツネの難しさの一つが装備品と思います。
なにせ71.5kでエイドは1ヶ所 貰えるのも水orポカリ1.5Lだけ。
あとは全部自分で持っていく。
普段のエイドが充実しているレースとは少し趣が違います。

◆食料関係
・水分 2L(ソフトフラスコ4本) MUSASHI REPLENISH2袋
20141010hase2.jpg

・ジェル 10個
20141010hase4.jpg

・スポーツようかん 2個
・アミノバイタル3つ、アミノダイレクト2つ
・塩飴 10個
・ウィダーインゼリー 1個
・オニギリ 1個
・ヤマザキ薄皮ミニパンシリーズ(袋開封しZIPロックに入れる)
・魚肉ソーセージ 1本
・自家製梅干し4つ

◆ウェア関係
・SALOMONサンバイザー
・上着
 (ファイントラック スキンメッシュ/SALOMON S-LAB EXO)
 C3fit アームカバー
 ライトジャケット
・CW-X レボリューション、kappa短パン
・靴下tabioレーシングラン
・シューズ Montrail Bajada
・雨具 mont-bell トレントフライヤー ジャケット/バーサライトパンツ
・inov-8 WRAG 30
・ゼッケンベルト

◆その他
・ザック (SALOMON S-LAB ADVANCED SKIN HYDRO 12 SET)
20141010hase5.jpg


・熊よけのお守り 熊鈴
20141010hase1.jpg

・ライト
 ハンドライト(GENTOS 閃 SG-325
 ヘッドライト(GENTOS HW-888H
・エマージェンシーシート

総重量約5kg

AM10:30 武蔵五日市駅到着
徒歩でメイン会場へ。沿道には幟がたって街全体で盛り上げてくれています。
20141010hase7.jpg

五日市会館で受付しゼッケン受取。
山岳保険の加入の確認があります。
20141010hase9.jpg


五日市中学校の体育館に移動し
所属しているトレランチームの陣地へ
20141010hase10.jpg
周りを見渡してお友達を発見して談笑したりして過ごします。

もろもろ準備をして外へ
20141010hase8.jpg

つづく

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
[ 2014/10/13 23:52 ] トレイルレース | TB(0) | CM(24)

さあ!ハセツネだ!


おはようございます。

台風の影響で開催があやぶまれた
ハセツネ。

なんとか夜中にゴールできれば
雨は大丈夫そう。

電話、メール、ラインなど
応援ありがとうございます。

まずは怪我なく無事に71.5k
戻ってきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

[ 2014/10/12 09:27 ] トレイルレース | TB(0) | CM(6)

マラT No.23 第67回富士登山競走 完走Tシャツ


こんばんは。

今日の皆既月食綺麗に見えましたね。
なんか神秘的な天体ショーでした。
後半の月が黄色に戻っていくのがなんか嬉しかったです。

さて久しぶりにマラTを更新します。

今回は参加賞ではなく完走Tシャツです。

デザインはコチラ
201401008fuji1.jpg

カラーは臙脂(えんじ)のMountain Hardwear製です。

臙脂色のウェア持っていないので新鮮だったりします。
フロント部分にイラストが黒、白でデザインされています。

もともと臙脂が少し暗めなので黒の部分は白のにしたほうが
いいかなと思ったりしています。

イラストが主張していないので使い勝手はいいかもしれないです。

10点満点中7点かな。

一緒に完走証も入っていました。
201401008fuji2.jpg

馬返し通過:2184人
五合目関門(スタートから2時間30分):595人
八合目関門(スタートから4時間)    :490人
が通過できていない。
八合目関門通過しても120人は完走できていない。

やっぱり生き残るのが大変なレースだと改めて感じました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ

ハンドライトグリップバンドを自作してみた


こんばんは。
今朝は台風凄かったですね。流石に午前中は自宅待機でした。

台風一過の後は暑かった。
でも渋谷の空は綺麗でした。
20141006hando7.jpg


さて、たまにハンドライトを持ってランしたりもしているんです。
いつも使っているのはジェントス君。自転車にも取り付けたりできて便利です
20141006hando1.jpg

やはり付属のストラップだけだと落としそうなのでグリップバンドが欲しいなと
アートスポーツをウロウロしていたら。
こんなのありました。


商品をみてなんとなく原理が簡単だったので自作できるのでは?と思い
ダイソーにGO!


20141006hando2.jpg
自転車用品の裾止バンドと、箱を止めたりするワンタッチバンドを購入。
216円也。

まずは裾止バンドをハンドライト本体に巻いて長い部分はカット。
※ここでは若干長めにカットしておいてください。あとで微調整します。
20141006hando3.jpg

裾止バンドを一旦剥がして、ワンタッチバンドと垂直にクロスさせます。
ベルクロをうまく使うといいです。
20141006hando4.jpg


ワンタッチバンドを手の大きさで微調整すれば完成。
20141006hando6.jpg

ナイトランで使ってみましたが特に落ちるなどはなかったです。

自作も楽しいですね。ハンドライトお持ちの方作って見てくださいな。




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
[ 2014/10/06 23:55 ] マラソングッズ | TB(0) | CM(2)

日本山岳耐久レース(ハセツネカップ)の試走にいってみた


こんばんは。

今日はいい天気でしたね。洗濯物がすぐ乾いてよかったです。

さて先週末なんですが手の骨折以来初のお山を解禁しました。

行ってきたのは武蔵五日市駅。奥多摩エリアです。
20140928hase2.jpg

このエリアで有名なのが日本山岳耐久レース(ハセツネカップ)です。

===============================
ハセツネカップとは(以下 wikipediaより引用)
日本トレイルランニングレースのパイオニアとして知られる古いレースで、
通称「ハセツネ」とよばれ、日本最高峰レースのひとつとして数えられる。
エイドステーションは一箇所で水orスポーツドリンクが1.5Lのみ。
コース難易度も高い。
参加者も2000人を越える日本最大規模のトレイルランニングレース。

距離71.5km、累積標高差4582mの平均傾斜は6.4%であり、国際的な
トレイルレースのもっとも過酷な部類、Category ALに相当する
制限時間は24時間。
コースは平均的なハイカーのペースで45時間かかる距離で、
参加者はこのコースを7時間から24時間で走破する。

=============================

駅前バス停にはトレランのレースかと思うほどのトレランスタイルの方々が。
中間地点の都民の森を目指す行列
20140928hase1.jpg

何も約束もしていないのに駅前でお友達数名に遭遇。
皆考えることは同じですね(笑)

そしてスタートの五日市中学校まで徒歩移動。
女子1名、男子2人の3人パーティー
女子1名が5日前に上州武尊山スカイビューで60k走ったばかりなので
ゆるゆる試走の開始です。
20140928hase3.jpg

初めてのコースなので地図を見ながらゆっくりと。所々はDVDの映像で
みたことある場所を通ります。
そして早くも1回コースロスト(笑)地図みて修正。

変電所横の道は沢山の山栗が落ちていました。
20140928hase4.jpg

少し走ると3kmぐらいかな今熊神社到着。
試走の方も沢山いてガンガン登っていきます。
20140928hase5.jpg
神社やお寺等には必ず手を合わすのが習慣なので参拝して神頼み

ここから階段が始まります。
ただ嬉しいのはここの階段の段差は富士山よりキツくないことかな。
20140928hase6.jpg
尾根道をひたすら登り今熊山(505m)を目指して登ります。

5km地点の標識
20140928hase8.jpg

次に入山峠(600m)を目指します。
ここからは基本樹林帯を登ったり下ったり登ったり下ったり
20140928hase7.jpg

途中ロストしそうな所は、後ろからくる試走の方にもアドバイス
いただき先を進みます。
入山峠のところでハセツネカップとハセツネ30kの分岐があるの
ですが間違わずに先に行けました。

ここら辺りで一度コケた。治りかけの左手を着いて激痛(>_<)
膝も擦りむいた。CW-Xに穴が・・・・(涙)

次にトッキリ場(870m)を通過し峰見通りをつかって市道山分岐へ

ここら辺は本当に奥武蔵エリアのトレイルに凄く似ています。
展望が全く見れず試練の道を行く感じとかが(笑)

市道山の山頂を目指しちゃいけないんですが標識を見落とし
途中オカシイと思い地図をみたらロストしていました。
11.7kmのきちんと大きな標識ありました。

少し休憩していると獣人キャンプのツアーの皆様が集団で出現

参加している人と挨拶していたらなんと女友達に遭遇
奥多摩の山の中で約束もしていないのに遭遇するなんて
実はこの方、7月に富士山の下山道で約束もせずに遭遇した。
なんか面白すぎです。
ってこの人も5日前に上州武尊山スカイビュー60k出走したはず。
皆タフすぎるよ・・・

折角なんで獣人キャンプツアーのペースに引いて貰って
醍醐丸(867m)に3時間30分で到着。
ここまで大体4つぐらいの大きな登り下りを繰り返してきたので
ここで座って昼食。
基本は森の中なんで少し肌寒くファイントラックを着てきてよかった。

次に連行山(1010m)、三国峠(990m)を通り軍茶利神社
前にくると展望が開けます
20140928hase9.jpg
富士山綺麗に見えました。

熊倉山(966m)のベンチで少し休憩
20140928hase10.jpg

坊主山(851m)、栗坂峠(840m)を通って浅間峠(840m)へ
22.6km地点 浅間峠には5時間。ここが第一関門です。
20140928hase11.jpg
この時点で2L持っていた水はほぼ無くなってました。
レース本番は42km地点で1.5L貰えるだけなのでやはり水の
コントロールが凄く重要を再確認しました。

また実際レース当日は多くの方がここから夜間走行に入っていきます。

試走行った日は夕方予定があったので、ここからエスケープルートを
使って上川乗バス停へ下山。
20140928hase12.jpg

バスで武蔵五日市駅へ戻りお風呂入って帰宅。

天気もよくゆるゆる試走できました。




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
[ 2014/10/04 23:54 ] トレイルラン | TB(0) | CM(6)

第14回 2014歴史街道丹後100kウルトラマラソンに行ってきた(6)


こんばんは。

今週はあまり走れていないbgです。

さて、丹後レポの続きです。今回が最後です。

◆INDEX
第14回 2014歴史街道丹後100kウルトラマラソンに行ってきた(1)
第14回 2014歴史街道丹後100kウルトラマラソンに行ってきた(2)
第14回 2014歴史街道丹後100kウルトラマラソンに行ってきた(3)
第14回 2014歴史街道丹後100kウルトラマラソンに行ってきた(4)
第14回 2014歴史街道丹後100kウルトラマラソンに行ってきた(5)

86.7km 丹後庁舎エイド 到着。
丁度このエイドの手前あたりから60km出走ランナーとコースが
同じになります。エイドも大きめです。
20140914tango34.jpg

なので食べ物が沢山。兎に角お腹が空いていたのでいろいろ頂きました。
特製つみれ汁もあり美味しくいただきました。
ちょうど60kmに出走していたやべっちさんの奥様ともここでお会いしました。

少し休憩してゴールに向かって再度走ります。
20140914tango35.jpg
海岸線なので地味なアップダウンが疲れた脚をジリジリいじめます。
気分転換に写真をパチリ

90km地点で前方に黄色い二人発見。
かおりんさんとえーかわさんが再度登場。本当に有難うございます。
気分もリフレッシュできました。
20140914tango37.jpg

時間的にも15:00過ぎなのでこのエリアが一番熱かった『暑いぃぃぃ!』
と思わず何度も言っていた。

このまま海岸線だけを走ると思っていたら距離合わせ的な地味な坂に
誘導されたりします。
20140914tango36.jpg

93.4km 旧三津小学校エイド  水分、トイレ
ここの横の坂がまた地味にキツい。見た瞬間苦笑いした。

坂の途中で鴨川走友会の方にコーラを1杯ご馳走になり
残り10kmを切っているので普段の練習距離と考えてなんとか
自分を鼓舞します。

往路で通った海水浴場も見えて自分が今どこら辺りを走っている
かも頭の中で地図が動き出します。
残りの距離が1km1kmと刻々と減っていくことが嬉しかった。

98.6km 網野北小学校前エイド 最終エイドです。
氷を手に貰ってゴールに向けて走り出します。

あとは街中を少し走っていると周りの方からの『おかえり』の一言
すごい嬉しかったです。

ゴールのアミティへ向かう直線の所では道路に
ライトアップ用の蝋燭がセットされていました。
きっと日が落ちた時は綺麗だったんだろうな。

太鼓などの応援もありゴール会場の賑わいも聞こえてきます。

アミティ丹後の周りをぐるりとして正面にはゴールゲートが見えます。
20140914tango33.jpg


ゆるりんさんが骨折の記事で書いてあった事を覚えていてもらえて
「リハビリ」とのことで手をつないでバンザイしてゴール。

11時間55分(グロス)

無事にゴールしてウルトラマンになれました。

8月の骨折で真夏の50k練習は出来ず。
唯一できたのはレース4日前に40k帰宅ランのみ。
初のウルトラ本当に不安だらけでした。

出走&応援のブログ村の皆さん、ボランティア、沿道の応援の
皆さん、主催の皆さん、そして併走してくれたゆるりんさん
本当にありがとうございました。

ウルトラって途中のエイドに寄っていろいろ食べたりして数分の
タイムを気にせずいられるのはトレイルになんか似ている感じかな。

目標のタイムは到達できませんでしたが凄く楽しく走れました。

おしまい

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
[ 2014/10/03 00:17 ] ロードレース | TB(0) | CM(16)